FC2ブログ

子育てしながら英語マスター

子供のためにディズニーの英語システム(DWE)を購入したきっかけで、私も英語の勉強をはじめました。親が勉強すれば子供もついてくる!?

Entries

Snow White(白雪姫)のあのセリフを英語で

以前、Little Golden Book の白雪姫(Snow White)を購入しました。

白雪姫というと、もっとも気になるのが、おきさきのあのセリフ!

「鏡よ、鏡、この世で一番美しいのはだぁれ?」を英語で?



さて、Little Golden Book の白雪姫(Snow White)では、

Magic mirror on the wall, Who is the most fairest one of all?

となっています。

snow-white.jpg

私の記憶では、「Mirror, mirror on the wall・・・」の方が一般的なような気がするのですが・・・

ま、日本語でも「この世で」を「世界で」といったりもしますし、そこは気にしない^^

この「fair」という単語なのですが、Snow White の世界では、「美しい」という意味で使われています。

しかし、現代の英語ではそういった使われ方はしないようですね。

「公平、公正」といった意味がメインのようです。

ちなみに、「fair hair」は、「金髪」です。


七人の小人たちを英語でいうと?



それから、七人の小人たち(seven dowafs)の名前、これは性格をそのまま表したものなので、なかなか勉強になります。

・Doc:先生(博士や医者という意味のdoctorの略称)

・Grumpy:おこりんぼ(不機嫌な、怒りっぽい、という意味の形容詞)

・Happy:ごきげん(うれしいという意味の形容詞)

・Sleepy:ねぼすけ(眠たいという意味の形容詞)

・Bashful:てれすけ(恥ずかしがり屋の、とい意味の形容詞)

・Sneezy:くしゃみ(そのまま、くしゃみ、という意味)

・Dopey:おとぼけ(まぬけの、という意味の形容詞)


今もっているタイトルはこちらの3冊。


私の朗読でも読んでくれるようになりました^^;

自分の朗読に自信がなければグーグル先生に読んでもらうという手もあります。
音声なし英語絵本でも大丈夫!グーグル翻訳で英語の勉強

白雪姫の洋書を手に入れた経緯はこちらの記事でご紹介しています。
ポイントでディズニー洋書絵本ゲット

【ランキング参加中。クリック応援してくれるとうれしいです。】
にほんブログ村 英語ブログへ
関連記事

Comment

ディズニーの物語の 

セリフで英語を覚えるのって素敵ですね。
楽しみながら勉強できそうです。
私も英会話マスターについてブログを書いているので参考にさせてもらいます^^
英語の勉強がんばってください!
  • posted by Ikuchang 
  • URL 
  • 2014.11/24 16:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ディズニーの物語の 

ありがとうございます^^
お互いがんばりましょう☆
  • posted by noririna 
  • URL 
  • 2014.11/28 18:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

noririna

Author:noririna
学生時代英語が大好きだったはずが、卒業して英語とはまったく縁のない世界に。娘出産後、いきおいでDWEを購入したことがきっかけで、私の英語熱が再燃。約10年のブランクを経て、再び勉強することにしました。
いつか英語を使ったお仕事をしてみたいな☆
ただいまTOEIC735点!(2013年3月受験)
娘は2010年4月生まれ。3カ月のときにDWEを始めました。息子は2014年1月生まれと2016年7月生まれ。三児の母になりました!


スポンサードリンク

最新記事

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

右サイドメニュー

ディズニー英語

翻訳者ネットワーク

アメリア会員です

レアジョブ

2014年3月29日~6月末ごろまで利用していました。

DMM英会話

2014年6月30日~8月31日まで利用していました

スポンサードリンク

rakuten

amazon

当ブログについて

・当ブログは一部アフィリエイト広告を使用しています。
・記事に関係のないコメントは、こちらの判断で削除させていただきますのでご了承ください。
・記事の内容は、予告なく変更、削除する場合がございます。
・当ブログはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方は、メールフォームにてご連絡ください。