FC2ブログ

子育てしながら英語マスター

子供のためにディズニーの英語システム(DWE)を購入したきっかけで、私も英語の勉強をはじめました。親が勉強すれば子供もついてくる!?

Entries

英語版ハリー・ポッター完読のお供

少し前から、英語版ハリー・ポッター全シリーズをKindleにダウンロードしてました。

完全に衝動買いなんですが。

そして、地道に読み進めていたのですが、なかなか読み進まず、一時中断してました。

kindleってわからない単語を簡単に調べられる半面、ちょっとあやふやな単語まで調べてしまうので、ハリー・ポッターは特に長いため、しんどくなってきてました。

それでも完読できたのはなぜかというと、オーディオのおかげ!

ハリー・ポッターのお供とは、Stephen Fry 朗読のオーディオブックでした。

このことを知ったのは、久しぶりに買った多聴多読マガジンから。



イギリス版はStephen Fryがいいということで、探しに探して、CDを入手して、ダウンロードして、聴き読み。


(Stephen Fry版のCDって希少価値があるのか、なかなか見つかりません。私はアマゾンのマーケットプレイスで買って読み終わってから売りました。他の入手方法はまた次回のブログで紹介したいと思います。)


朗読の速さに合わせて文字を追うと、わからない単語はもちろん調べるひまはありません。

ただ、Stephen Fryの朗読はとっても耳に心地よく、セリフなどの抑揚で状況がわかるので、特に調べなくても理解できました。

ハリー・ポッターは映画でみたので、ストーリーを知っているという理由もありますが、8割は理解できたと思います。

そんなわけで、第1作目のHarry Potter and the Philosopher's Stone(ハリー・ポッターと賢者の石)を楽しみながら一気に読んでしまいました。

今は第2作目の、Harry Potter and the Chamber of Secrets (ハリー・ポッターと秘密の部屋)を読み進めています。

ちなみに、Harry Potter and the Philosopher's Stone の総語数は86,000語だそうですよ。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

noririna

Author:noririna
学生時代英語が大好きだったはずが、卒業して英語とはまったく縁のない世界に。娘出産後、いきおいでDWEを購入したことがきっかけで、私の英語熱が再燃。約10年のブランクを経て、再び勉強することにしました。
いつか英語を使ったお仕事をしてみたいな☆
TOEICテストの点数
2013年3月:735点
2018年6月:820点(L:450点,R:370点)


娘は2010年4月生まれ。3カ月のときにDWEを始めました。息子は2014年1月生まれと2016年7月生まれ。三児の母になりました!


スポンサードリンク

最新記事

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

右サイドメニュー

ディズニー英語

翻訳者ネットワーク

アメリア会員です

レアジョブ

2014年3月29日~6月末ごろまで利用していました。

DMM英会話

2014年6月30日~8月31日まで利用していました

スポンサードリンク

rakuten

amazon

当ブログについて

・当ブログは一部アフィリエイト広告を使用しています。
・記事に関係のないコメントは、こちらの判断で削除させていただきますのでご了承ください。
・記事の内容は、予告なく変更、削除する場合がございます。
・当ブログはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方は、メールフォームにてご連絡ください。