FC2ブログ

子育てしながら英語マスター

子供のためにディズニーの英語システム(DWE)を購入したきっかけで、私も英語の勉強をはじめました。親が勉強すれば子供もついてくる!?

Entries

DVDの視聴時間と睡眠時間を見直そう!

昨日久々に図書館というものに行きました。

やっぱり図書館は楽しいですね

ただ、今の地域の図書館には、英語に関する本がとても少ないので、ちょっと残念です・・・

洋書もかなり少ない><

日本語の絵本は充実してるんですけどね・・・



今回、「AERA with BABY」という雑誌がありましたので、興味深い内容だったので借りてみました。

内容は、4月号がテレビ&ネット視聴について、6月号が早寝早起きについてでした。

最近かなりだらだらと育児をしていたので、これを読んで反省・・・




まず、テレビはやはり3歳までは極力テレビを見せない努力をした方がよいようです。

子供の活動時間は、睡眠時間や食事時間などを除いて数時間したありません。

その数時間を、テレビに熱中させるのはもったいないということなのですね。

その分、遊びや親子のコミュニケーションとして使った方が、子供にとっては有意義な時間となるということですね。



うちは、朝と夕方にNHK教育を1時間半つけっぱなし&家事などのときにDWEのDVDを2~3見せていました。

しかも夕食後に子供と二人でまったりするときにもテレビをつけてました・・・

これは考えるとつけすぎですよね

DWEは子守りのためのストレートプレイではなく、プレイアロングにして、一緒に見ながら遊ぶ時間にすることにします。

本当はこれが本来のDWEの使い方ですよね

そしてストレートプレイはCDでときどき流す程度にして、時には一緒に本を見ながら聴くことにします。



次に、睡眠について。早寝早起きは、絶対に習慣つけた方がよいようです。

夜は20時から21時に寝て、朝は5時から7時の間に起きるのがいいそうですよ。

うちは、最近なかなか子供が寝ないからといって、眠くなる限界まで遊ばせて寝かせてました。

結果、22時就寝、遅い時には23時・・・

そういえば私の小さいころは、子供は20時に寝ることになってたと思います。

遅寝遅起きは成長の大敵で、睡眠不足は日中の活動を鈍らせるし、眠くてグズグズと親を困らせることも多くなるそうです。

また、たくさん勉強するよりも、早寝早起き&よく寝る方が脳の機能の発達にいいそうです。

つまりDWEだからって夜遅くまで遊ばせるのはよくないんですよね。

これも反省・・・

ということで、ここは気合をいれて、21時までには断固として寝かせ、朝は私も早起きするようにがんばります。

寝る前に、いままで放置していたおやすみ前のDWEのCDをかけ、うす暗くしてゆったり過ごすのがいいかな~と思います。



2日間実行して、朝つらいのを振り切ってがんばって朝7時に起きると、結構気分がよくて、家事もはかどるし、ほんと生活習慣は大切だな~と実感しました。
(今まで8時に起きてました・・・)

娘は朝一のおっぱいがないせいか、朝はご機嫌ななめですが、たくさん遊んでもらえるせいか、日中はご機嫌さんでした。
(朝一のおっぱいを飲ませると、二度寝してしまうので、飲ませないようにしました。)

このままがんばって続けて定着していきたいと思います♪♪


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ←参考になるブログがいっぱい★
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

noririna

Author:noririna
学生時代英語が大好きだったはずが、卒業して英語とはまったく縁のない世界に。娘出産後、いきおいでDWEを購入したことがきっかけで、私の英語熱が再燃。約10年のブランクを経て、再び勉強することにしました。
いつか英語を使ったお仕事をしてみたいな☆
TOEICテストの点数
2013年3月:735点
2018年6月:820点(L:450点,R:370点)


娘は2010年4月生まれ。3カ月のときにDWEを始めました。息子は2014年1月生まれと2016年7月生まれ。三児の母になりました!


スポンサードリンク

最新記事

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク

右サイドメニュー

ディズニー英語

翻訳者ネットワーク

アメリア会員です

レアジョブ

2014年3月29日~6月末ごろまで利用していました。

DMM英会話

2014年6月30日~8月31日まで利用していました

スポンサードリンク

rakuten

amazon

当ブログについて

・当ブログは一部アフィリエイト広告を使用しています。
・記事に関係のないコメントは、こちらの判断で削除させていただきますのでご了承ください。
・記事の内容は、予告なく変更、削除する場合がございます。
・当ブログはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方は、メールフォームにてご連絡ください。