トークアロングカードの音声をスマホで聴けるようにする方法

トークアロングカードがスマホで聴けたら便利ですよね!510枚もあるカードを管理するのが本当に大変!きちんと並べても、子どもたちがすぐにバラバラにしてしまいます。

子供にとっては楽しいみたいですが、親にとっては整理が面倒だし、キャップをするときに目的のカードを探すのに時間がかかって億劫になってきます。バラバラにしてほしくないからといって手の届かないところに置くと、やらなくなるし。

そこで、トークアロングカードの音声データでスマホに取りこめるのではないか?と思いやってみました。

ここでは、トークアロングの音声をスマホで聴けるように私が実際におこなった方法をお伝えします。

デジタルプレイメイトからSDカードをとりだす

トークアロングカードをとおす機会のことをデジタルプレイメイトといいます。トップの写真のやつですね!

デジタルプレイメイトの裏側は、マイナスドラーバーで開けられるようになっています。ここを開けてみると、SDカードが入っているんですねー。

この中にトークアロングの音声などのデータがすべて入っています。子どもが録音したデータも入っていると思われます。SDカードが破損するとトークアロングカードができなくなるので、慎重に行いましょう!

(DWE会員なら保証してくれると思いますが・・・)

SDカードのデータをPCに取りこむ

では、取り出したSDカードをPCにいれてデータをみてみましょう。

いろいろデータが入ってますが、トークアロングカードの音声は「EDWE32」のようです。この中に「AACファイル」がたくさん入ってます。

トークアロングカードには、1枚につき3~4文の音声が入っています。「EDWE32」のフォルダの中には、ファイル名がカード1枚に対してではなく、1音声ずつ「J0001、J0002、J0003、、、」という具合に入っているので、何番のカードなのかわかりにくいのが難点です。

トークアロングカードのマニュアルを見ながら、ファイル名を変更すると使いやすくなるかもしれませんね!

スマホのSDカードにデータをコピーし再生する

PCに取りこんだトークアロングカードの音声データを、スマホで使っているSDカードにコピーしましょう。music関係のファイルにコピーすると探しやすいかと思います。

データコピー済のSDカードをスマホに挿入し、スマホのファイルマネージャーで確認してください。「.AAC」ファイルがたくさん並んでいると思います。これを選択すると、何で再生するかでてきますね。

私はいつもメディアプレイヤーを使っているので、これを選択します。すると、再生できます!意外と簡単で私も驚きました^^;

これでトークアロングカードの全音声を自動的に流すことができます。ファイル名を整理すれば、覚えたいカードを簡単にピックアップして練習することができますね。寝る前の聞き流し用やシャドーイング用にもできますね。

iPodではできない?

我が家ではiPodにすべてのDWEのCD音声を入れていて、寝る前に流したり、キャップの練習に使っています。そんなわけで、iPodにいれたかったのですが、iTunesでは「AACファイル」を認識してくれないようなんです。

これは、なんどやっても無理でしたので、残念ながらあきらめました。何かやり方があるのかもしれませんが、アンドロイドスマホでできたので、まあいいとします!

また、iPodへの取り込み方がわかれば追記したいと思います。

【ランキング参加中。クリック応援してくれるとうれしいです。】

にほんブログ村 英語ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする