【DWE】テレホンイングリッシュのトラブル対処法!英語でどう説明する?

DWE(ディズニーの英語システム)の中でも、英語力上達のために必ず利用したいサービスが「テレホンイングリッシュ」です。週1回だけですが、子ども一人につきマンツーマンでレッスンしてくれるので、貴重なアウトプットの時間になります。

私もこれまでほぼ毎週利用しましたが、長年やっていると思わぬトラブルに遭遇します。ここでは、テレホンイングリッシュを利用する方の参考になるように、トラブルにどう対処したらよいかをお伝えしたいと思います。

途中で電話を切ってしまった!

スマホで電話をする場合、よくあることです。子どもはわからないので、スマホの画面を不意に触っちゃったり、ほっぺとかに当たって切れちゃったりするんです。

よくあることとはいえ、焦ります。「レッスンの途中だったのに・・・先生に失礼なことしちゃった!」って思いますよね。

こんなときはどうすればよいかというと、もう一度かければ大丈夫!私の経験からして、あちらでもある程度共有されていると思われます。

そして、ほんとによくあることなので、先生も慣れていらっしゃいます。

とはいえ、何もなかったかのようにかけなおすのも抵抗ありますよね。途中で電話を切っちゃったとき、英語でどう説明すればよいのでしょうか?

I’m sorry, my son (daughter) cut off the call before.(すみません、さきほど息子(娘)が電話を切ってしまいました)

こんな感じで言えば、先生もわかってくれますよ!

ちなみに、電波が悪くて切れちゃったときなど不意に不通になったときにはこんな表現があります。

We were cut off.(電話が切れました)

これなら誰のせいでもないので私はこっちの方が好きです。

かけなおしたときに、もう一言いいたい場合はこれ。

Can we do the lesson again, please?(もう一度レッスンをお願いしていいですか?)

もう一つ、途中で切れた場合に注意したいのが、レッスン履歴が残らないことがあります。ポイントにもかかわってくるので、コンタクトセンターに問い合わせましょう。

ぐずって電話にでてくれない!

テレホンイングリッシュに電話をかけ、レッスン内容を説明し、子どもに電話を代わるときになって、突然泣き出すことありますよね。私は初期のころはどうしていいかわからず、ギャン泣きしている子どもを頑張ってあやしながら歌をきかせていました。子ども聞いてないので意味ないですよね・・・

赤ちゃんならそれでなんとかやり過ごせますが、ブックレッスンになるとそうもいきません。原因はいろいろ(眠いとかおなかすいたとかが多いですが)あるでしょうけれど、「やだ!」といって逃げられるとレッスンできません。

そんなときに英語でどう伝えたらよいでしょうか?あとで電話をかけなおすことを英語で伝えましょう。

My son (daughter) don’t want to do lesson now. So I will call you later.(今はレッスンをしたくないようなので、あとで電話をかけなおします)

こんな感じでしょうか。他にも、前半部分の理由のところはいろいろ言いかえてください。

My son is crying.(息子が泣いています)

My son fell asleep.(息子が寝てしまいました)

そう、他の子がレッスンしている間に寝てたというハプニングもあり。子どもは自由ですね。

また、すぐに解決しそうなぐずりの場合は、「ちょっと待ってください」と伝えるのもいいですね。

Hold on, please.

これはもう定番表現なので、電話の途中にピンポンきたとか、そういったときに使ってみましょう!

始めに伝えたレッスン内容を直前で変更したいといいだした!

テレホンイングリッシュに電話をかける前に、子どもたちと何のレッスンをするかの打ち合わせをします。我が家は子どもが3人なので、この打ち合わせ時間が長い!

レッスン内容が決まり、電話をかけ、一人一人順番にレッスンを受けていきますが、その間に子どもの気がかわることがあるんですね・・・我が家ではだいたい2歳児イヤイヤ期まっさかりの子が気がかわりやすいです。

お願いした歌を先生が歌おうとすると、「これがいい、これがいい、」と言い続け、最終的にぐずぐずになり、テレホンイングリッシュがおわったころには「もう一回やりたかった~!」と泣き叫び手が付けられなくなります。

できればこんな状態は避けたい、と思い、思い切って先生に変更を申し出ました。そうしたら快く引き受けてくれましたよ!

では、こんなときに英語でなんて説明したらよいか。

Can you change his lesson please? (レッスンを変更してもらってもよいですか)

こんな感じです。もしくは、

He wants to sing “歌の名前”.

こんな感じで伝わりましたよ。でもまあ、直前の変更は迷惑なので、気がかわりやすい子は早めにレッスンを受けるのがいいと思います。

ブックレッスン中に「わからない」と言い出した!

レッスン中は親がそばにいてください、というのが基本ですが、子どもが複数いると、一人の子のレッスンにつきっきりになれないこともあります。スマホからの先生の声が聞こえない場合もありますし。

もちろん、テレホンイングリッシュの前には練習しますが、子どもも緊張したり忘れたりして途中で「わからない」ということがあります。

親が先生の声をきいていたらアドバイスできるのですが、そうでない場合はどうすればよいでしょうか?気付くと、子どもと先生との間で長い沈黙が続いている・・・

こういうときは、子どもに「もう一度いってください」と英語で言わせましょう。

Can you say that again?(もう一度いってください)

早口で聞き取れないという場合は、

Can you say that more slowly?(もう少しゆっくりいってください)

練習していれば、繰り返し先生がいってくれれば答えられると思います。そして、親も聞いていれば、アドバイスできますね!

先生に伝わらないし先生が言うこともわからない!

一度経験したことですが、テレホンイングリッシュの内容がかわったときに、新しいレッスンをお願いしたら、先生が把握していなかったのか、まったく伝わらないときがありました。

それ以外にも、会員番号を打ち間違えたりだとか、いつもと違う電話からかけたりだとかで、イレギュラーな対応をされることがあります。

テレホンイングリッシュは基本的に決まった流れがあるので、マニュアルどおりにすれば問題なくできるのですが、イレギュラーなことがあれば混乱しますよね。そしてもうどうしていいかわからない。

そんなときの最終手段はこれ!

Japanese staff, please.

日本人のスタッフにかわってくれるので、安心できます。先生から日本人スタッフにかわるよーっていってくれたパターンもありましたけどね。

私の経験からテレホンイングリッシュのトラブル対処法をお伝えしましたが、基本的に英語が話せなくてもなんとかなるのでDWEのテレホンイングリッシュ!日本人スタッフがいるから安心ですね。

まだ英語に抵抗があってテレホンイングリッシュを利用していないという方は、とりあえずやってみて慣れてください。私もはじめは「How are you?」に答えられなかったんですから。

こちらの記事も参考に。

幼児からの英語教育、通称DWEは、ディズニー・ワールド・オブ・イングリッシュの略です。DWEをやっている子は発音がよいと評判の教材。我が家...

まだDWEをやったことがなく、興味のある方は、無料サンプルをとりよせてお試ししてみてはいかがでしょうか。サンプルCDだけでも英語が学べますよ!

ディズニーの英語システム無料サンプル

にほんブログ村 英語ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする