Snow White(白雪姫)のあのセリフを英語で

白雪姫は誰もが知っている物語ですね。小さいころに親しんだ人はたくさんいると思います。今ではディズニーの白雪姫が定番となっていますけどね。

英語絵本の多読には、知っているお話を使うと入りやすいですよ。ということで、Little Golden Book の白雪姫(英語名:Snow White)を購入しました。ディズニーの絵本なので、英語でよくわからなくても、イラストをみるだけでもわくわくしますね!

ここでは、白雪姫にでてくる定番の表現や、小人たちの名前は英語でどう表現されているか、ご紹介したいと思います。

白雪姫でもっとも有名なセリフを英語で

白雪姫というと、もっとも気になるのが、おきさきのあのセリフ!

「鏡よ、鏡、この世で一番美しいのはだぁれ?」

さて、Little Golden Book の白雪姫(Snow White)では、

Magic mirror on the wall, Who is the most fairest one of all?

となっています。

snow-white.jpg

私の記憶では、「Mirror, mirror on the wall・・・」の方が一般的なような気がするのですが・・・

ま、日本語でも「この世で」を「世界で」といったりもしますし、そこは気にしない^^

この「fair」という単語なのですが、Snow Whiteの世界では、「美しい」という意味で使われています。

しかし、現代の英語ではそういった使われ方はしないようですね。「fair」は「公平、公正」といった意味がメインのようです。

ちなみに、「fair hair」は、「金髪」です。

七人の小人たちを英語でいうと?

それから、七人の小人たち(seven dowafs)の名前、これは性格をそのまま表したものなので、なかなか勉強になります。

・Doc:先生(博士や医者という意味のdoctorの略称)

・Grumpy:おこりんぼ(不機嫌な、怒りっぽい、という意味の形容詞)

・Happy:ごきげん(うれしいという意味の形容詞)

・Sleepy:ねぼすけ(眠たいという意味の形容詞)

・Bashful:てれすけ(恥ずかしがり屋の、とい意味の形容詞)

・Sneezy:くしゃみ(そのまま、くしゃみ、という意味)

・Dopey:おとぼけ(まぬけの、という意味の形容詞)

我が家がもっている白雪姫の英語版絵本はこちらです。


Snow White and the Seven Dwarfs (Disney Classic) (Little Golden Book)

私の朗読でも読んでくれるようになりました^^;

自分の朗読に自信がなければグーグル先生に読んでもらうという手もあります。

音声付き絵本にかわって、安く手に入るディズニー絵本で英語学習するために、グーグル翻訳を使う方法をお伝えします。録音したり、発音チェックもできますよ。

【ランキング参加中。クリック応援してくれるとうれしいです。】

にほんブログ村 英語ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする