CATEGORY

洋書・英語絵本

ORT(Oxford Reading Tree)の種類と買い方!安く買う方法は?

ORT(Oxford Reading Tree;オックスフォード・リーディング・ツリー)は、イギリスの教科書になっている、ということで人気の英語教材です。 ストーリー性があり、ちょっと笑えるオチがあるなど、読んでいて楽しいお話です。 子供だけでなく、大人の英語初心者の多読としても注目なんですよね。   これだけ効果的で人気のある教材ですので、ぜひとも全部買いそろいたいもの!   […]

子供の英会話はLet’ go(レッツゴー)シリーズがおすすめ!おうち英語育児への活用法

オンライン英会話の教材でも幅広く使われているオックスフォード出版の「Let’s Go」シリーズ。 英会話の予習・復習だけでなく、おうち英語でも役立ててみたいと思いませんか?   我が家では、オンライン英会話リップルキッズパークを週1回取り組んでいます。 はじめは簡単なレベルチェックを行い、オリジナル教材をつかったレッスンを進めていきます。   リップルキッズパークを […]

「起きてから寝るまで」シリーズは英語育児に超役立つ!

起きてから寝るまでシリーズは、私が学生のころに買ってずっと持っている本です。 初めてこのシリーズが出版されたのが、1989年。「起きてから寝るまで表現550」でした。   これは学生のころに随分と使いましたね。   そして、子供が産まれてから書店にいくと、「起きてから寝るまで700」が発売されてるではないか!と思い、即買い。 以前のバージョンに加えて、パソコンや携帯関係の英語表 […]

2019年課題図書「子ぶたのトリュフ」を英語で読もう!難易度は?

「子ぶたのトリュフ」は、2019年の小学校中学年課題図書になっています。   現在小学3年生の娘は、いくつかある課題図書の中から、「子ぶたのトリュフ」を選びました。 動物好きな娘なので、当然選ぶだろうと思いましたが(笑) イラストもかわいいですしね! リンク   子供が読む本を、親も一緒に読むと、子供と一緒に本について語ることができます。 でも、どうせなら、英語版を読んでみたい […]

子供の性格で英語絵本を選ぼう!うちの子がはまったおすすめ英語絵本11冊大公開!

みなさんは、絵本を選ぶときにどのように選びますか? エーちゃん 子供の年齢に合わせた本がいいっていうよね ビーちゃん 親の好みで選んでいいともきくよ   多くの方は、子供の年齢に合わせたおすすめの絵本から選ぶのではないですか? 確かに、選び方がわからないときは、年齢がヒントになります。   特に、英語絵本となると、自分が小さい頃に親しんだ人以外は、どう選んだらいいかわかりません […]

英語多読をするならKindle端末で!無料・格安で洋書を手に入れよう

英語の学習方法にはいろいろありますが、必ず取り組まなければいけないのが多読です。   いくら文法や語彙が増えたとしても、英文を読む量が少なければ、英語力がつかないし、試験でも思った結果がでません。   逆に、英文をたくさん読んでいれば、感覚的に正しい英語の言い回しが理解できるようになります。英会話での瞬発力も備わります。   エーちゃん でも洋書はそのへんの本屋さんで […]

Snow White(白雪姫)のあのセリフを英語で!文法解説つき!

白雪姫は誰もが知っている物語ですね。小さいころに親しんだ人はたくさんいると思います。今ではディズニーの白雪姫が定番となっているかのようです。   英語絵本の多読には、知っているお話を使うと入りやすいですよ。   今回は、お手頃価格で買える洋書シリーズがたくさんそろっている「a Little Golden Book」 の「Walt Disney’s Snow Whit […]

英語育児するなら必ず買っておきたいおすすめ英語絵本3選!

子どもが小さいうちに英語に触れた方がいいと聞いたことがありませんか?英語は将来かならず必要になるといわれていますよね。小学生からの英語必修化も進んでいます。   できれば子どもには英語で苦労させたくない。だからできるだけ早く、赤ちゃんのうちから英語に触れさせたい。そんな思いを抱きながらも、何をしたらいいのかわからないという方も多いでしょう。   英語の勉強というと中学校の英語の […]

英語多読が続かない3つの問題点とマジックツリーハウスをおすすめする理由

英語多読は、多くの英語本をたくさん読むことで英語力を上げることです。   やり方は、辞書なしである程度読める難易度の洋書からはじめて、徐々にレベルをあげていくという方法です。少し難しいと感じたら、やさしいものに戻っても大丈夫。   しかし、多読を続けよう!と意気込んだのに挫折した経験がある方は多いのではないでしょうか。   ここでは、主な3つの問題点と、その問題を解決 […]