赤ちゃんにDVDを見せてもよい?0歳児のDWEの進め方

DWE

 

DWE(ディズニーの英語システム)は、0歳の赤ちゃんから始める人が多いですよね。「DVDを見せるだけで英語が身につく」という宣伝の一部を真に受けて、一生懸命DVDを流し続ける・・・

 

保健師さんから、赤ちゃんにはできるだけテレビを見せない方がよいという説明を聞かれた方も多いでしょう。DWEだけは例外なのか??

 

0歳児には、親のふれあいが大切です。実は、DWEは赤ちゃんとのふれあいを大切にした英語の遊びがたくさんつまっています。私の経験から、その活用の方法と、0歳児のDWEの進め方についてお伝えします。

プレイアロングをメインにつかおう

DWEの教材の中に、「プレイアロング」があります。0歳から2~3歳向けの内容で、英語をつかって子どもと一緒に遊ぶ内容のもの。

 

たとえば、「いないいないばあ」や、パペットをつかって「どこに隠れたかな~」といった遊び。赤ちゃんと遊ぶときにみんなやりますよね?このような遊びを英語でできるようになります。

 

プレイアロングをみれば、DVDを通して一緒に遊ぶことができます。DVDにでてくるおもちゃも一緒についているので、赤ちゃんも喜びます。

 

一日一回はプレイアロングで遊びましょう。

 

他にCDもついているので、リラックスタイムにCDをかけ流したり、CDの音声だけで遊んだりもできます。

 

赤ちゃんとのふれあいタイムには、プレイアロングをつかった遊びを毎日1つは取り入れるといいですよ。親が覚えたらいつでも英語で語りかけることができます!

赤ちゃんにDVDを見せてもいいのか

一日中DVDを見せるのはなぜいけないのか、と考えたことがありますか?

 

赤ちゃんがDVDをみておとなしくしてくれたらすごく助かりますし、自分の時間をもつこともできるので、テレビやDVD、最近はスマホの動画に頼りたくなりますよね。

 

DVDなどの映像は、一方的なものなので、こちらが反応しなくても勝手に進んでいきます。見ている方は反応しなくてもいいので、自分からアクションを起こす必要がないのです。

 

これはどういうことかというと、本来なら会話をするなかで相手の表情を読み取ったりまねたりして、言葉などのコミュニケーションを身につけていくのですが、映像相手だと自分の行動が反映されないので、コミュニケーション能力が身に付きにくくなるんですね。

 

DWEを使う方は子どもが英語を使えるようになったら、という思いがあると思うので、DVDをただ見せているだけでは効果なしってことになりますよね。しかし、DVDを見せてはいけないということはありません。

 

DVDを長時間見せることで、親子のスキンシップや対話の時間が減ることが問題なのです。

 

効果的なDVDの使い方は、親も一緒にみて、赤ちゃんと一緒に笑ったり、語りかけをすることです。こうすると、赤ちゃんも安心するし、親子のふれあい時間にもなります。なにより、親自身も幸せ感がアップしますよ!

 

赤ちゃんを抱っこしながら一緒にDVDを楽しみましょう。

 

ただ、赤ちゃんはそんなに集中してみてくれないときもあるので、無理強いせず、別の遊びに変更するなど上手に遊んであげてくださいね。

一日何時間DVDを見せたらよい?

0歳児でも、安定してお座りができるようになると、かなり集中してDVDを見てくれるようになります。かなり個人差はありますが。(我が家の真ん中っ子男子は、じっとテレビをみるタイプではありませんでした・・・)

 

DWEのDVDは作りがかなりよくできていて、赤ちゃんでも集中して見れるような工夫がされています。

 

機嫌が悪くてギャーギャー泣いていても、DVDをつけると落ち着く、ということもあり、子どもが小さいときはとてもお世話になりました。家事の時は大助かりで、これだけでもDWEを買ってよかったと思いました。

 

それに甘えて、DVDを一人で長時間見せすぎるのはやっぱりよくない!とはいえ、2時間くらい見せ続けたこともあります。(反省・・・)

 

ところで、赤ちゃんにDVDを見せるとき、一日何時間なら見せてもいいのでしょう?

 

根拠はないそうですが、赤ちゃんの睡眠時間、授乳や離乳食の時間、お風呂の時間などの必要な時間を除けば、一日4~5時間しかありません。その中でDVDを見せる時間を考えると、2時間が限界ではないかという考えが一般的です。

 

赤ちゃんとふれあう時間や外遊びの時間もとりたいので、1日2時間以内を目安にするといいですね。(よかった^^;)

 

やはり、一人でDVDを見せるのは、家事のときなど、どうしても手が離せないときだけにとどめておき、見せるとしてもDWEだけに限定するのがいいでしょう。

 

DWEだけだと、知識が偏るんじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、大きくなってくると、DWE以外のものを見たがります。

 

それに、絵本をみせたり、お出かけすればたくさんのものに触れることができるので、DVDで見せるのはDWEだけでもいいと思います。

モチベーションが下がるときの解決法

赤ちゃんにDWEを続けても、英語話さないし、効果があるのかさっぱりわからず、親のモチベーションが下がりますよね。そんなときにどうするか?

0歳児のDWEは親の英語力アップに利用しましょう!

DWEは、受験英語を経験した大人からすると簡単すぎて、これが話せて何になるの?って思うかもしれません。しかし、意外とこの簡単な英語が使いこなせてないんですよね。

 

さらに、受験英語では習わなかった日常の英語や、赤ちゃんや子どもに対する声かけが学べます。「いないいないばあ」とかお水を「バシャーン」とかって英語でなんて言うのか習わなかったですよね?

 

日本語なら普通に子どもの言葉からでてくるものが、英語ではわからないので、英語育児は難しい!

 

ちなみに、「いないいないばあ」は「Peek-a-boo(ピーカブー)」、「バシャーン」は「splash!(スプラッシュ)」です。

 

そういうわけで、この時期に親としての英語力をアップさせておきたいですね。プレイアロング以外のDWEの歌やストーリーも、この時期に頭にいれておけば、子どもが成長したときに教えることができますよ!

イベントを利用しよう

DWEでは、実際にネイティブの先生に会えるイベントがたくさんあります。赤ちゃんのときには週末イベントがおすすめ!

 

週末イベントにも、いろいろな種類のものがあります。はじめてのイベントは、「フロッギー・アンド・バニーショー」のようなプレイアロングに関連したイベントがおすすめです。もちろん、時間と場所が合えば、どんどんいろんなイベントに参加しましょう。

 

イベント後は親も子どももテンションがあがり、モチベーションもあがります。DWEの使い方のアイデアもわいてきますよ!

テレホンイングリッシュをペースメーカーに

週1回のテレホンイングリッシュはできるだけ利用しましょう。ポイントもたまるし、ペースメーカーになります。

 

赤ちゃんはまだ話せないので、この時期は「リッスンオンリー」での利用になります。

 

好きな曲をリクエストし、「リッスンオンリー」であることを伝えればOK!親が英語を話さなきゃいけないところがハードル高くて、私も初期のころはよく忘れてたふりしてテレホンイングリッシュを避けてましたけどね・・・

 

先生は、英語が話せない親を相手にすることに慣れてるので、気にしなくても大丈夫です!

 

どうしても電話する勇気がないときは、「e-pocket」というサービスがあります。スマホで先生の顔を見ながら歌を聞くことができるサービスで、赤ちゃんは喜びますよ!(対話はできません。)

 

注意すべき点は、e-Pocketは、テレホンイングリッシュと併用はできません。月1回だけ切り替えができるので、計画的に利用しましょう。

 

他にも、両親向けのテレホンイングリッシュ「Telephone English for Mommy and Daddy」もあります。親の英会話力アップのために、ぜひ活用しましょう!私も何度か利用しましたよ!

 

ただし、残念ながら、両親向けのテレホンイングリッシュは2019年3月29日で終了します。かわりに、e-pocketの中で「English for Mommy and Daddy」というコーナーができました。子どもへの語りかけ表現が学べますよ。

 

言葉がでるようになってきたら以下の記事を参考にしてくださいね。

1歳から3歳児のDWEの進め方は?ライトブルーキャップをめざそう!

0歳児のDWEの進め方をまとめると

  • 1日1回はプレイアロングで遊ぶ
  • 1日2時間以内を目安に、すべてのDVDを少しずつ、親子で一緒にみる
  • イベント、テレホンイングリッシュを活用する

 

今の時期に反応がなくても、インプットはしっかりされています。

 

なじみのある曲と遊びは成長したときに「あ、この歌知ってる!」となってテンションがあがります。赤ちゃんと一緒にDWEのすべてのDVDを少しずつでも見ておきましょう!

 

まだDWEをやったことがなく、興味のある方は、無料サンプルをとりよせてお試ししてみてはいかがでしょうか。サンプルCDだけでも英語が学べますよ!

ディズニーの英語システム無料サンプル

にほんブログ村 英語ブログへ