ドラゼミ英語が魅力的!お試し教材やってみた小学生娘の反応は?

小学2年生になる長女のために通信教育を検討中。

※この記事は2018年4月12日に公開したものです。

とりあえず大手3社、Z会、ドラゼミ、進研ゼミの資料請求をしました。Z会に関する記事はこちらです。

Z会の通信教育といえば、難関大学や中学受験を考えている人を対象としている印象ですよね。私も高校時代にZ会を受講して、難しくて数回で挫折した記...

進研ゼミのお試し教材に関する記事はこちらです。

小学2年生の娘に、通信教育を検討中。大手3社の通信教育のお試し教材を申し込みましたが、先日、ドラゼミ、Z会に引き続き、進研ゼミのお試し教...

そして先日、Z会に引き続き、ドラゼミの資料が届きました。

ドラゼミは小学館。ドラえもんのキャラクターが利用されていて、かわいいイメージですね!小学生の勉強としたらどうなんでしょうか?

記事はまったくの主観ですので、お許しください。

ドラゼミのお試し教材の内容

サンプルブックと解答、講座の案内などの各種パンフレットが送られてきます。(すでにボロボロになっていますが・・・)

サンプルブックは約1週間分の内容です。Z会と比べると少なめですが、じっくり考えて解く問題だと考えると、勉強時間としてはそれくらいなのかなと思います。

ドラゼミの特徴

まずは、問題集の質。

学校の勉強とはひと味違った遊び心がうかがえます。問題集はZ会同様シンプルですが、ドラえもんがいるのでなんだか上品なかわいさがあります。

問題は文章を読ませるのが多いと感じます。マンガを読んで答える問題もあり、マンガを読んだことのない娘は少し戸惑っていました。

問題の難易度は高いと思います。考えさせられる問題が多く、「難しい!」といって娘が怒っていました(^^;

教科書準拠ではなく、オリジナルカリキュラムですが、教科書の内容を応用する問題のように感じました。

勉強という雰囲気ではないので、パズルやクイズ好きな子なら、楽しく学べるのではないかと思います。

ちなみに、娘は難しいといいながらも、私のヒントとともに考えて答えを出すことができたので、最終的には「楽しかった」といっていました。

ドラゼミの会費(受講料)

学年 毎月払い 12ヶ月一括払いで月々
小学一年生 3,333円 3,045円
小学二年生 3,333円 3,045円
小学三年生 3,657円 3,343円
小学四年生 4,089円 3,734円
小学五年生 4,413円 4,032円
小学六年生 4,737円 4,331円

Z会と比べるとずいぶん安く感じます。学年が上がってもあまり値段がかわりません。

これで添削2回と英語も含まれているとなると、お得感はありますね。理科・社会に関してはあまり触れられていないので、それ相応の値段かなとも思います。

ドラゼミの利点と欠点

利点は、赤ペン添削が月2枚あるにも関わらず、料金がお安めなところ。

また、ドラゼミイングリッシュというサービスがあり、追加料金なしで、英語学習ができます。

さらに、オンラインで図鑑neoと学習マンガが読めるなど学習コンテンツが充実しており、努力賞も豊富です。楽しみながら学べる仕組みができていると思います。

一方、欠点というか、注意すべき点は、理科、社会についてはあまり深く触れられていません。

3年生から教科として理科、社会が学校の授業で始まりますが、ドラゼミは一年分の冊子が1冊ずつ届くだけです。

小学生なので、理科、社会までしなくてもいいか、という考えもありだと思います。ただ、受験を考えている方は向いていないかもしれません。

また、ドラゼミは小学6年生までしかフォローしていませんので、中学生になると他のサービスを考える必要があります。

ドラゼミの利点と欠点をまとめると

ドラゼミの利点
  • 値段が安い
  • 添削が月2回
  • 追加料金なしで英語学習ができる
  • オンラインで図鑑neo(ネオ)と学習マンガが読める
  • 努力賞が豊富
ドラゼミの欠点
  • 理科・社会がない
  • 教科書準拠ではない
  • 中学生講座はない

中学生講座がないといっても小学校生活は長いです。まだ勉強が簡単な小学生のうちに考える力を養うのは大切です。

ドラゼミを体験して親子で頭をひねってください!

<追記>

なんと、ドラゼミが「まなびwith(ウィズ)」というサービスに生まれ変わりました!ドラえもんがいなくなったのはさみしい感じですが、ドラゼミならではの頭をひねる問題があるのが特徴のようです。詳しいレビューはまた後日!

まなびwithの資料請求は以下のリンクから!気になる方はチェックしてみてくださいね!

宿題を溜めがちなお子様にぴったり!ナゾトキ学習で楽しく学ぶ【まなびwith】

にほんブログ村 英語ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする