子供の習い事の適正量は?教育虐待に気をつけよう!

この記事では、子供の習い事について親が考えておいてほしいこと、今話題の教育虐待を防ぐために大切なことをお伝えします。

子供の習い事に興味を持つ親は多いですね。

できれば子供にはいろんなことができるようになってほしいと思います。

子供が習い事を始める理由として、

  • 子供がやりたいといったものをやらせたい
  • 子供の好きなことを伸ばしたい
  • 親がやりたくてできなかったことをやってほしい
  • 親が苦労したので子供には苦手をなくしてほしい

といったことがあげられます。

Achan
エーちゃん

子供には習い事でいろいろ身につけてほしいね。

Bchan
ビーちゃん

塾、英語、スイミング、ピアノ、ダンス・・・どれも将来役にたちそう!

Achan
エーちゃん

でも週5日も習い事になっちゃう!

Bchan
ビーちゃん

どうせ家にいたらゲームばかりだし、習い事してた方がいいんじゃない?

習い事に対する思いは人それぞれで、正解はありません。

しかし、「子供の将来のために」というのがいきすぎて教育虐待といわれる状態になっていませんか?

本当に子供のためを思うなら、ぜひこの記事を読んでいただきたいと思います。

習い事は週に何回が適切か

私の小学3年生の娘は、バレエとお習字をそれぞれ週1回、会わせると週に2回習い事に通っています。

それに加えて、家庭で取り組むZ会と、ディズニーの英語システム(DWE)をしています。

私の娘はお友達と外遊びをしたいので、これが限界かなと思っています。

娘自身も、他にピアノやスイミングに興味があるものの、これ以上は忙しくなるからいい、と自分で言っています。

しかし、近所の子の中には、週に5日も習い事に通っていたり、さらに週末は土日ともにスポーツクラブに通っている子もいます。

Achan
エーちゃん

それはちょっとやりすぎじゃない?

Bchan
ビーちゃん

一概にそうともいえないみたいよ

習い事の適切な量は、子供によって異なります。週に5日習い事をいれても大丈夫な子と、1日でいっぱいいっぱいの子もいます。

でも、自分の子はどうなのか?

習い事を入れすぎてないか、確認するには、子供の日々の様子を、以下の項目にそってみてみましょう。

自分で時間が管理できているか
ぼーっとする時間があるか
家族の時間があるか
暴力的になったり無気力になったりしていないか

習い事を入れすぎると、親に言われるまま、時間に追われた生活をすることになります。

自分に向き合う時間、そして家族とともに過ごす時間も大切。子供自身が空いた時間にやりたいことを選択する時間も必要です。

幼稚園からの延長で習い事を続けていることもありますが、小学生になると学校や宿題で思った以上に疲れがたまっていることも。

子供の気持ちや体の状態を無視して習い事を詰め込みすぎると、教育虐待と呼ばれる状態になるかもしれません。

子供の様子をみながら習い事を選択したいですね。

何のために習い事をするのか

親の気持ちとして、

バレエをやってるからバレリーナになるかも!

スイミングに通ってるからオリンピック選手になるかも!

というように、期待を膨らませてしまいませんか?

もちろん、そうやって夢をみるのはいいですが、習い事の本来の目的を考えてみましょう。

ここで少し、私がなぜ娘に習い事をさせたいと思ったのかを語らせてください。

私は大人になってからバレエを始めたのですか、はじめはバレリーナの素晴らしいプロポーションに憧れたから。

現実はそれに加えて、バレエを習っている子供たちはとても礼儀正しく、明るくハキハキしていました。

それもそのはず、バレエを習う子供は、技術よりもまず礼儀を学ぶのです。

レッスン中はとても厳しく、少しさぼろうものなら足をペチンっと叩かれます。(今となったら虐待?)

しかし、レッスンが終われば和気あいあい。子供たちはどうやったら筋肉がつくのか、もっと足があがるのか、と向上心がありました。

私の子もこのように素敵な先生と仲間に囲まれて成長してほしいと思い、何かひとつは習い事を、と思いました。

私の場合はバレエでしたが、他の習い事も同様です。

私の考えによる習い事の目的は

point!
〇礼儀を学ぶこと
〇技術を学ぶ過程で向上心が身に付くこと
〇できた!という体験が自己肯定感に結びつくこと

バレリーナになることが目標ではありません。習い事によって身に付く力が、将来の役に立つと思っています。

教育虐待になってない?

教育虐待」という言葉が知られるようになりましたが、一体どういうことなのでしょうか?

Achan
エーちゃん

100点とらなかったら叩くわよってこと?

Bchan
ビーちゃん

体罰だけとは限らないんだよね

教育虐待は、過熱する中学受験が問題視されて注目されてきました。

たとえば、塾でいい点をとらせるために、毎日深夜2時頃まで勉強させたり、点数が悪いと食事を与えなかったり。

このように書くと「ひどい!」と思いますが、親としては子供のためだと思っているので虐待とは思っていないのです。

習い事についても同様で、親が子供の意見を聞かずに問答無用で習い事に通わせるのは、教育虐待につながる可能性があります。

教育虐待になりそうなよくある言動「あなたのためを思ってるんだから」
「こんなにお金をかけてきたのに」
「みんなができるからあなたもできる」

上記の言動にあてはまるのは、子供主体ではないということです。

また、教育虐待になりがちな人には、

  • 親自身がかなり頑張って達成したことがある
  • 親自身がやりたくてもできなかったことがある

という特徴が挙げられます。

親の経験を子供にあてはめてはいけません。子供は親とは全く違う人格をもっていて、性質も様々です。

私の三人の子供たちも、みんな性格が違います。小さいうちはどうしても親主体になってしまいますが、子供自身がやりたいといったときには、意思を尊重したいと思っています。

習い事をやめたいといったら?

習い事に行きたくなくなるときは当然あります。大人だって、仕事に行きたくないときはありますよね。その理由はなんでしょうか?

私の子供のころの体験談をお伝えします。

私が小学生のころは、お習字、そろばん、ピアノ、英会話、スイミング、と本当にたくさんの習い事をしました。小学生のころは、何も思わずに通っていました。

中学生に上がる時になり、習い事をすべてやめたくなりました。そして、母にもそう伝えました。

すると母は、「まさか、テレビをみたいからやめたいっていうんじゃないでしょうね?」

と言いました。私はとてもその言葉が心に残っています。たしかに、いままでテレビを観る時間がなかったし、中学生になって海外ドラマにはまっていたのです。

結局、母はすべての習い事をやめさせてくれました。

しかし、私がなぜ習い事をやめたいんのかを私の口からきくことはありませんでした。今では、「何か一つでも、もう少し続けたらよかったな」という思いも残っています。

このエピソードから考えていただきたいのは、子供が習い事をやめたいと思ったときは、必ずやめたい理由をきいてあげてほしい、ということです。

やめたい理由

  • 今遊びたいから
  • めんどうだから
  • がんばっても上達しないから
  • お友達とうまくいかないから
  • 先生に怒られるのが嫌だから

などなど、様々な理由があります。

「遊びたいのは理由にならない!つべこべ言わずに行きなさい!」

といいたくなる気持ちもわかりますが、教育虐待につながりそうです。しっかり子供の気持ちをきき、どうしたいのかの判断は子供にまかせるべきです。

しかし、子供のいいなりになるというのは違います!

Achan
エーちゃん

子供がやりたいっていうものをやらせたら週6日も習い事になっちゃって。でも練習する時間も塾の宿題をする時間もない。でも全部やめたくないんだって。

Bchan
ビーちゃん

次々にやってはやめてを短期間で繰り返す子もいるんだって

このような話をききます。これは教育虐待とはいえませんが、習い事の効果を活かしきれていないように思います。

親子でしっかり話し合い、子供がしっかりと継続できるようにサポートするのが親の役割ではないでしょうか。

教育虐待に気を付けよう

親は子供の将来のためを思って、習い事を選択し、子供に多くのことを吸収してもらいたいと望みます。

「子供のため」というのが厄介で、実は子供はそれを望んでいないのかもしれません。そして、親は「子供のため」と思っているので、まさか虐待しているとは思ってもいないのです。

習い事はお金がかかるものですが、子供にお金をかけたからといって賢い子に成長するとは限りません。「これまでこんなにお金をかけたのに」という気持ちにもなりますが、途中でやめても、それまで蓄積してきた経験は身についています。

こちらの記事も参考にしてください。

東大卒の子を育てた方にどのような子育てをしたのかききました。大切なのは、手作り、本を読むこと、外遊びのたった3つだけ。賢い子に育てるためには、勉強させるのではだめ。教えてもらったことを私なりに解釈して記事にしました。

親と子供は別人格子供に過度の期待は禁物です。子供の力を最大限に活かせられるように、毎日笑顔で過ごせるようなサポートをしましょう。

にほんブログ村 英語ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする