幼児版RISU算数の「RISUきっず」!体験談と幼児におすすめの理由

以前、我が家の小学2年生が「RISU算数」で勉強した感想を記事に書きましたが、今回はその幼児版「RISUきっず」をつかった感想をお伝えします。

小学生向けのRISU算数についての記事はこちらです。

家庭での勉強法として、いろいろな会社がタブレット学習に力をいれています。紙に書いて勉強するよりも子どもにとってはとっつきやすく、ゲーム感...

我が家には年中の男子がいるのですが、なんでもお姉ちゃんのまねをしたがります。逆もありますけどね・・・

だから二人一緒にRISUでタブレット学習するのはとっても都合がいいんですよね。そんなわけで、お姉ちゃんと一緒に「RISUきっず」を体験させていただきました!

「RISU」は小学生より幼児の方が向いているかも

幼児に勉強は必要ないと思っている方は多いのではないでしょうか

私もそう思っていました。しかし、お姉ちゃんが小学生になり、算数でつまずきだしたことを考えると、幼児のうちから何かしらやっていた方がよかったのかな・・・と頭をよぎることがあります。

お姉ちゃんはすでに算数に苦手意識があり、「RISU算数」はどうかなと思っていたのですが、思った以上に食いつきがよかったです。が、学校の宿題やら友達とのおつきあいやらで、なかなか取り組む時間がとれません。

一方、年中児には、算数に対する先入観がなく、ゲーム感覚でいつでも好きなときに取り組めています。なにより助かるのが、お姉ちゃんの宿題を邪魔しなくなったこと!

「お姉ちゃんは今からお勉強だから、〇〇くんもお勉強しよう!」
といってタブレットを渡せば、おとなしく「RISUきっず」を取り組んでいます。

ちなみに我が家の年中児は、止まると死ぬんじゃないかと思うくらい常に動き回っているタイプ。それがタブレット学習でおとなしく学習するんだから、よくできていますよね。

さきほども書いたように、幼児は算数の先入観がなく、サクサクと進んでいってくれます。はじめは簡単な数の数え方ですが、徐々に数が大きくなり、今では足し算やってます。

つきっきりにならなくても大丈夫?

幼児にタブレットを渡すと、何をしでかすかわからないという心配がありますよね。でも、3つの安心ポイントがあります。

  1. タブレットカバーがしっかりついていること
  2. 余分なゲームやネット検索ができないこと
  3. 読み上げ機能がついていること
  4. 進度に合わせたメールがくること

では、一つずつみていきましょう!

タブレットカバーがついている

簡単に取り外せないようになっており、なかなか丈夫です。正直、何度か落としましたが、大丈夫でした(^-^;

幼児、特に我が家の男子は扱いが雑なので、タブレットを壊さないかヒヤヒヤです。丈夫なカバーがついていれば、多少目を離しても安心ですね!

以下のような、RISU算数と同様のカバーです。


ちなみに、タブレット破損時の負担金は5,980円(送料込)です

余分なゲームやネット検索ができない

幼児にスマホを渡したことがある方はわかると思いますが、ゲームをやり始めたらとまりません。おもちゃになってしまっては元も子もないので、ゲームがないのは安心です。

時々、子供の学習用タブレットで、ご褒美にゲームができるといったものや、iPadにアプリをダウンロードして学習する類のものがあります。

そういったものだと、結局ゲームばかりして勉強が進まないということになります。私の親戚の小学生もそんな状態になってしまったので、やめてしまったという子がいます。

ちなみに長女はZ会をしていますが、Z会のタブレットコースはiPadにアプリをダウンロードするタイプです。そのため、長女は紙の教材をつかっています。

Z会に関する記事はこちらで。家庭学習を継続するコツもお伝えしています。

我が家がZ会にした理由と、Z会をここまで続けられたコツを、経験もまじえてお伝えしたいと思います。Z会に限らず、通信教育をはじめ家庭学習を身につけるコツも含まれているので、ぜひご一読を!

読み上げ機能がついている

年中ならまだしも、年長でもひらがなをすらすら読める子は少ないと思います。

「ママこれなんて書いてあるの?」といちいち聞かれたら、つきっきりになって大変ですよね。読み上げ機能はボタン一つで問題文を読んでくれるので、我が家の年中児も問題なく使いこなしています。

この読み上げ機能をつかえば、園児でも一人でできた!という達成感を得られますし、文字を読めるようにもなります。

進度に合わせたメールがくる

さらに、「RISU算数」と同様に、子供が取り組んだ内容に合わせて、モチベーションがあがるような内容のメールが親のメールアドレスに届きます。

子供が一人でどんどん進んでいったとしても、親は子供がどこまで進んだかわかるようになっています。

「RISUきっず」は一人でできるとはいえ、まだ幼児なので、時々でも関わってあげることが大切です。メールがきたら、読み上げてあげましょう。喜びますよ!

実際に送られてきたメールです。↓

「RISUきっず」の料金

気になるのが料金。「RISU算数」のイメージでいくと、「幼児のお勉強にそんなにお金かけられない」と思うかもしれませんよね。

ちなみに、「RISU算数」の料金は、月額の基本料2,480円に加えて、月にクリアするステージの数によって料金が追加されます。上限は8,980円となります。

「RISUきっず」に関しては良心的で、月額の基本料(2,480円)しかかかってきません。月額2,480円なので、学習系の習い事より安いですね^^

ただし、1年契約なので、申し込み時に年額一括12ヶ月分29,760円をはらう必要があります

「RISU算数」より料金は明確ですが、やはり1年契約というのがネックかもしれません・・・

体験利用のすすめ

幼児に算数の勉強なんて!って思われるかもしれませんが、ゲームのかわりに算数の勉強をしてくれたらいいですよね。

しかも、「RISUきっず」なら、楽しく取り組んでくれるので、いつのまにか算数が得意になってるかもしれません。

小学校でつまづくことが多いのは算数なので、今のうちから好きにさせてしまいましょう!

「RISUきっず」はこちらの記事をみていただいた方だけ体験を申し込むことができます。

本来ならば、申し込んだら即1年契約となるところですが、以下のリンクから申し込むと1週間の体験利用をすることができます。 以下のリンクにアクセスして、クーポンコード「egk07a」を入力してください。

「RISUきっず」

送料・保険料として1,980円が必要になりますが、契約して年額はらったのに興味をもってくれなかった、なんて悲しいですよね。

体験することでその子に合う、合わないがわかりますので、もし興味があれば、ぜひ体験利用してみてくださいね。

にほんブログ村 英語ブログへ