算数が得意な子は将来のびる!Z会を解約してRISU算数を続けてみた結果

先日Z会を解約しました

 

教材がたまり、本人のやる気もでず、子供と相談したうえでの決断でした。

 

RISU算数は年長児が楽しく取り組み続けているので、ついでに長女も、という感じで再開しました。

 

Z会を解約するのには正直不安もありましたが、のんびりやの長女にとって、宿題に加えてZ会をする、というタスクを毎日こなすことができず、それよりも本を読んだり外で遊ぶ時間を作ってあげたいという気持ちが強くなりました。

 

私自身も、長女に「Z会やった?」という声かけをするのに疲れた、というのもありますが。

 

勉強をイヤイヤやっていても仕方がないので、自分のペースでできるRISU算数の方が長女には合っているようです。

 

エーちゃん
でも、RISU算数は算数だけなんだよね
ビーちゃん
実は、算数ができる子は他の教科もできるという統計もあるらしいよ

 

というわけで、この記事では、RISU算数を申し込みたいけど、算数だけでも大丈夫?国語はどうするの?という疑問をお持ちの方に向けて書いています。

 

Z会とRISU算数の比較

Z会は難関中学、高校、大学受験対策で有名ですね。RISU算数も負けておらず、東大などトップレベルの学生のフォローがあります。

 

では、Z会とRISU算数の違いをみていきましょう。

Z会の特徴と受講費

Z会は、小学1年生コース2年生コースは、国語・算数・経験学習の3教科セット受講になります。

 

これに加えて、スタンダードかハイレベルか「みらい思考力ワーク」をつけるかつけないかで値段がかわってきます。

 

※小学1年生コースで12か月一括払いの場合のひと月あたりの金額

スタンダード 3,922円
ハイレベル 4,256円
スタンダード+『みらい思考力ワーク』 4,590円
ハイレベル+『みらい思考力ワーク』 4,924円

小学2年生コースは300円ほど金額があがります。

 

Z会小学3年生コース、4年生コースは、基本が国語・算数・理科・社会の4教科、専科で英語を追加できますハイレベルは国語と算数のみ選択できます。

さらに、タブレットコース(国・算・理・社・英・総合学習)、中学受験コースも選択できるようになります。

※小学3年生コースで12か月一括払いの場合のひと月あたりの金額

4教科セット 4,992円
ハイレベル追加料金(国・算2教科分) 418円
専科英語 1,861円
タブレットコース 5,833円
中学受験コース(国・算・理・社) 12,684円

小学4年生コースは少し料金があがります。

 

Z会小学5年生コース、6年生コースは、基本が国語・算数・理科・社会・英語の5教科で、専科で作文が選べるようになります。ハイレベルは、英語以外の4教科で選べます。

タブレットコース中学受験コース、公立中高一貫校適正検査(2,337円)もあります。

 

※小学5年生コースで12か月一括払いの場合のひと月あたりの金額

5教科セット 7,791円
ハイレベル(4教科) 836円
専科作文 2,754円
タブレットコース(6教科) 6,835円
中学受験コース(国・算・理・社) 18,360円

小学6年生コースはさらに値段があがります。

 

こんな感じで、受講費は学年があがるほど高くなっていきます。

 

教材は毎月届きます。タブレットの場合は毎月配信されます。各教科ひと月に1枚添削問題がついています。

 

RISU算数の特徴と受講料

RISU算数は学年による受講料の差はありません。毎月の教材というものもありません。

 

契約は1年契約のみで、初回に12か月一括払いで29,760円(ひと月あたり2,480円)の基本料を支払います。

 

基本料に加えて、ステージをクリアした数によって利用料がかかります。

※以下RISU公式ホームページより引用

1) 月平均クリアステージ数 = RISU算数ご契約開始からクリアーした累計ステージ数 ÷ ご利用月数
2) その月のご利用料金=1)の月平均クリアステージ数に応じた以下の金額
1.0未満:0円
1.0以上~1.3未満:980円
1.3以上~1.5未満:1,480円
1.5以上~1.7未満:1,980円
1.7以上~2.0未満:2,980円
2.0以上~2.2未満:3,980円
2.2以上~2.5未満:5,480円
2.5以上~3.0未満:6,980円
3.0以上:8,980円

 

RISU算数をすべて解き終わると受験基礎コースに進みます。受験基礎コースの問題を解き始めた月から、基本料+利用料+コース料(1,980円)がかかります。

 

添削問題はありませんが、定期的に東大などの学生から応援メッセージやサポート動画が届きます。

算数嫌いの娘が夢中に?RISU算数の特徴と問題点で実際に体験した内容を詳しく書いています。

Z会ではなくRISU算数にした理由

Z会もRISU算数も、難関校をめざすだけの力がつきますが、システムはまったく異なります。

 

もちろん、Z会の算数のみをする、という選択肢もあるのですが、今の娘にはZ会に拒否反応が。

 

というわけで、気分転換という意味でも、我が家は老舗のZ会をやめてRISU算数でやってみることにしました。その理由を具体的に説明します。

紙の教材よりタブレットの方がやる気がでる

やはり現代っ子?プリントやドリルの宿題をやった後に、さらに紙の教材を開くという気力がないようです。

 

朝勉強も試みたのですが、朝はぼーっとする時間がほしいようです(笑)

 

また、いつも帰りの遅いパパと顔を合わせることができる唯一の一家だんらんの時間なので、勉強時間にまわすのはかわいそうかなと思いました。

 

そこで、タブレットはどうかな?と思ったのですが、我が家には古いiPadしかなく、Z会タブレットコースを受講するには、新しいのを買わなきゃいけない・・・

 

しかも、iPadで受講するとなると、他のアプリやインターネットが気になるんじゃないかと不安になります。

 

RISU算数はタブレット込みの基本料金なので、すぐに始められます。さらに、RISU以外のアプリは入っていないし、ゲーム系のアプリも一切ありません。

4教科をこなすのが難しい

Z会は1教科から受講できるのですが、4教科セットで受講する方が断然お得なんですね。でも、4教科すべてこなすのが大変。

 

ただでさえ宿題に時間がかかる、習い事などで疲れる、友達や兄弟と遊びたい、となると、本当に時間がありません。

 

4教科の中でも好きな理科・社会だけやってあとは進まない、ということも。

 

RISU算数は、一番力をいれてほしい算数だけに特化しているので、気移りせずに1教科に集中できます。しかも、算数だけでなく、文章題を読み解く国語力も同時につくんです。

毎月届くと教材がたまる

のんびりやさんの長女は、締切直前になってもなかなか取り組まず、あせってイライラしだします。

 

その感情をコントロールさせるのが大変・・

 

締切がもうすぐだから!とせかしてやらして、なんとか提出期限までにできていましたが、私の方がエネルギーぎれになってしまいました。

 

Z会は月末になると次の月の教材が届きます。

次の月の教材が届くと、先月の分はやらないままに次の教材に取り掛かるようになります。

 

そして封をあけていない教材が2か月続いたので、やめることにしました。

 

RISU算数は、期限はいっさいありません。そのため、やらなければやらないで済むのですが、「最近やってないよ」と私のところにメールがきます(笑)

 

また、どんどん問題を解き進めていって先取りすることもできます。利用料の上限(8,980円)があるので安心です。

算数ができれば他の教科もできる?

 

エーちゃん
そもそも、算数や数学って必要なの?
ビーちゃん
ガリレオ・ガリレイの「自然は数学の言葉を使って書かれている」という言葉のとおりだよ

 

少し古いですが、文部科学省のホームページに、「算数・数学はなぜ学校教育に必要なのか」という文章が書かれています。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/013/siryo/04062201/011.htm

書かれていることをまとめましたが、少し難しいと感じるかたはとばしてください。

 

・数と図形と言語は社会生活の中で基本となるもの
・現代は多くのものが数値化されているので、数量感覚が必須
・数量感覚を理解すれば、他の教科や学問を理解することができる
・数学は役に立つものだけでなく、人類が追い求めた美しさも秘める
・問題を自ら考え自分の力で解いたときの楽しさを味わうことができる
・アイデアをもとに問題を解決する論理的な思考が身につけられる
・解答を論理的に説明することでコミュニケーション力がそなわる
・抽象化された対象を分析し、本質を考察する力を得ることができる

 

つまり、学校の教科におきかえると、算数や数学を学ぶと論理的な考え方が身につき、国語の文章題を解いたり、理科や社会の説明文を書く力にもなるということですね。

 

の時代はネットの情報であふれ、外国人との交流も増えて、自分の中の常識だけでは通用しません。

 

そんな時代を生き抜くために、子供たちには算数をとおして、客観的に考えられるようにしてあげたいですね。

国語や他の教科はどうすればいいか

エーちゃん
算数が得意だけど他の教科は苦手って子もいるよね
ビーちゃん
それは、算数の本質を理解してないのかも

 

算数といっても、テストで100点とれる、計算がだれよりも早くできる、というだけではだめなんです。

 

文章題など、少し複雑な問題を考えて解くことが大切

 

だから、計算だけをひたすらやってスピードを競うのは別の問題です。

 

算数が得意な子になるには、以下のことが大切だといわれています。

・本をたくさん読む
・パズルやブロックなど手を動かす遊びをする
・外遊びをして自然に触れる
・たくさんの人と関わる

 

これは、算数だけでなく、国語、理科、社会にも関係することがわかりますよね。

 

算数だけが得意、という子は、単純作業が好きなだけかもしれません。小さい子供はそれでいいです。

 

国語などの教科は、子供の心の発達にともなって理解が深まるので、上記に書いたような生活を続けていれば、中学校にあがるころにはいつのまにか力がついているものです。

 

ただ、算数は小学校にあがると不得意になる子が多いので、上手に伸ばしていく必要があります。

 

低学年のうちは、単純な計算を数多く解く、という宿題がよくだされます。学校やクラスの違いもあるかもしれませんが、長女の学校はそんな感じで、長女は算数嫌いに。

 

頭をつかわずに計算問題だけをこなしていく状態だと、応用問題が増える3、4年生あたりから算数でつまずくことが多くなります。

 

RISU算数では、「計算を早くできるように」よりも、低学年のうちから文章題を解く力をつけるように工夫されています。

 

スピードを競う問題はなかったように感じました。

 

RISU算数は、読解力をつけ、頭で考えて答えを導き出すことを大切にされている点は、私自身も気に入っているポイントです。

RISU算数キャンペーンを利用してお得にはじめてみよう!

RISU算数は、算数に特化したタブレット学習です。

 

算数だけやってて大丈夫?と思うかもしれませんが、この記事で説明したとおり、計算以外の力もつくので大丈夫です。

 

なにより、算数が得意なことは勉強面だけでなく、コミュニケーション能力や情報の取捨選択など、将来プラスになること間違いなし!

 

このブログ記事をみていただいた方は、体験利用をおすすめします。本来なら、申し込むと即1年契約になるところですが、以下のURLから申し込むと、特別に一週間1,980円でお試しすることができます。以下のリンクをクリックして、クーポンコード「egk07a」をご入力ください。

「RISU算数」体験利用はこちら!

算数は、小学校3年生くらいからつまづく子が多くなっていきます。低学年のうちから算数の力を底上げしておきましょう!