小学二年生の娘がZ会を1年続けられた家庭学習の6つのコツ

Z会を小学2年生から始めて1年が経とうとしています。2年生というと、親のいうことを素直にきかなくなる時期。

紆余曲折がありましたが、なんとか続けられました。

 

この記事では

  • Z会にしたいけど、難しそうだし続けられないかもしれない
  • Z会をしているけど続かない

という悩みの方に向けて

  • 我が家がZ会にした理由
  • Z会を1年間続けられたコツ

について書いています。

Z会に限らず、通信教育をはじめ家庭学習を身につけるコツも含まれているので、ぜひご一読を!

我が家がZ会にした理由は親参加型だから

我が家が通信教育をはじめようと思ったきっかけは、私が休日に仕事にいかなければいけなくなったから。

子連れ出勤できるのですが、仕事中ひまでお絵かきだけやっていても身にならんなと、どうせ時間あるなら勉強するのがいいんじゃないか、という思いからでした。

決める前に、通信教育のお試し教材をいくつか取り寄せ、娘に体験してもらいながら一緒に決めました。

 

まずはベネッセの進研ゼミのお試し。

進研ゼミは付録が魅力的!お試し教材で小学生娘の反応は?

 

次に、ドラゼミ(現在はまなびウィズになっています)のお試し。

ドラゼミ英語が魅力的!お試し教材やってみた小学生娘の反応は?

 

どれもよかったのですが、最終的に迷いながらも娘が決めたのがZ会。

「一番高いやつやん!」と思いながらも、やはり教材の質に魅力があったので、Z会に決めてしまいました。

 

Z会が気に入った点は

  • 親と一緒に経験して学習する「けいけん学習」(理科・社会のもとになる教材)
  • サポートブック(答え合わせの本)の充実度(教え方のポイントが丁寧)

 

一言でいうと、親の役割をすごく求められているところです。

母親として、ただでさえ忙しいのにできるのか?と思いましたが、子どもの学習能力は親の働きかけが大切だし親子で学べるって素敵です。

どうしても親は子どもに間違いの訂正をしがちですが、サポートブックにはこれくらいの解答で十分です。できていないときはこのようにサポートしましょう。ということが書かれていることが多いのです。

 

「なんでこんなことがわからないの?」と思いがちですが、「2年生のこの時期はこれくらいです」って書かれていると、すごく気持ちが楽になりますよね。子どもの自尊心も尊重されます。

 

Z会の気に入った点ナンバー1は「けいけん学習」。実際に経験して理科や社会のもとになる出来事を学ぶ教材で、具体的には以下のような感じです。

  • パンづくりをして材料の役割について学ぶ
  • 星座の観察をして星について学ぶ

 

弟たちも一緒にできるので、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

親子で「学ぶ」とはどういうことかを考えるいいきっかけになります。

Z会ハイレベルはどの程度?

Z会といえば、難関校の受験をめざすイメージが強いですが、小学2年生のときはそれほど難しいとは感じません。

ただ、ときどき凝った問題がでてきます。

  • 算数でもきちんと文章を読まないと正解できない問題
  • パズルのような考える算数問題
  • 家族で話し合う国語の問題
  • 国語の文章が長く、書く部分も長い問題
小学1、2年生の国語と算数の教材は、エブリスタディという基本を学ぶ教材と、漢字や計算の練習をするドリルがあります。

小学生は、スタンダードとハイレベルがあり、基本的には同じ問題ですが、ハイレベルはドリルとエブリスタディの量が少し増えます。

関連:Z会小学生コースはハイレベルにすべき!スタンダードと難しさの違い

 

エブリスタディの最後の問題はこんな感じです。

 

なかなか骨のある問題です。そして、国語は読書させられます。

文章を読みなれてないときついですね。大人でもちょっと読むのがめんどくさいなという量です。

うちの娘は読書好きなので、この文章のところばかり読んでますが。。。

 

結果として、Z会は難しくて続けられないということはなく、ハイレベルでも考えればわかる問題です。

そして、親のサポートがあれば、より学ぶことの楽しさを身につけられる教材になっていると感じます。

Z会(家庭学習)を続ける6つのコツ

家庭学習の習慣は、とっても大切です。

将来受験するとき、何かの資格を取るときなど、自宅で勉強する習慣がなければ難しいですよね。できれば小学生のうちに身につけておきたいことです。

しかし、2年生ともなれば親のいうことを聞かなくなるし、宿題をさせるだけで精一杯。ゲームもするようになるし、友達とも遊びたいし、習い事もあります。(全部うちの娘のこと・・・)

 

忙しい毎日の中でどう取り組ませるか、試行錯誤の1年間でした。

 

以下に、我が家が取り組んだZ会(家庭学習)を続けるコツをお伝えします。

もちろん、はじめはうまくいかず、半分もおわらない月が続きましたが、最終的に、自分からするようになりましたよ!

一、取り組む時間を決める

子どもと一緒に、いつZ会をやるのかを決めましょう。

学校から帰ったらまず宿題、という家庭が多いですが、Z会が好きならまずZ会でもいいと思います。

 

学校から帰ると子どもは疲れています。習い事で忙しい子の場合は週末にまとめてやったり、朝学校に行く前に、というのもありです。

  • 学校から帰ってすぐ
  • 寝る前
  • 朝起きて
  • 休日の仕事のとき
  • お風呂のお湯をためている間
  • 弟がゲームしていて自分の番を待っている間

などなど、選択肢はたくさん!我が家の場合はいろいろと試しましたが、「子どもの気分が乗ったとき」になりました(笑)

 

どちらにしても、10分から15分でいいので、毎日コツコツやることが大切です。

 

Z会の小学二年生ハイレベルは、一日の勉強時間が20分に設定されています。

しかし、宿題をやりつつ、20分Z会を毎日するのは、習い事をしている小学生にとっては少し大変かもしれません。

Z会を一日どれくらいするかは、家庭環境に合わせて設定しても全然いいと思います。ひと月に必要な量をこなし、添削問題を提出できればOKとします。

二、学習環境を整える

子供はすぐに気が散るので、学習環境を整えるのはとっても大事!

テレビがついていると観てしまうし、テーブルの上に広告があったらなぜか読みふけります。兄弟が騒ぐとそちらへ気が向くし、難しいですね。

我が家は長女、長男、次男の順ですが、下の二人がよく大騒ぎするんです。そんなときは、長女に2階でやってもらうか、弟二人が2階に行ってもらうか、という感じて工夫しています。

工夫するポイントとして

  • 部屋と机の上は片付ける
  • テレビを消す
  • きょうだいに勉強の邪魔をしないよう伝える
  • 寒さ、暑さ対策をしておく

きょうだいがいるとなかなか大変ですし、うまくいかないことが多いですが、親が全力で環境を整えるのが大切です。

三、見えるところに「がくしゅうカレンダー」をはる

Z会には「がくしゅうカレンダー」がついています。

本来は1ヵ月の計画を立てるためのものですが、我が家の場合は試行錯誤の結果、やった課題のシールを貼ることにしています。

こうすると、どこまでやったかがわかりやすい!

今月は遅れぎみですが、長女が「遅すぎやし!」と自分で突っ込んでいたので、ペースメーカーにいいようです。

 

カレンダーの使い方は人それぞれのようです。大切なのは、

  • 1ヵ月という期限を意識させること
  • 自分からやる気をおこさせること

子どもに合わせて工夫してみましょう。

四、今やる教材をみえるところにおく

「やろう!」と思ったときにできないと、機会を逃してしまうので、教材はすぐに手に届くところに準備しておきましょう。

 

「勉強をはじめよう!」と思ったときに、「どこやったっけ?あれ?3月号は?」なんて探している間に気が散って別のことしだします。

 

低学年のうちは、自分でするのは難しいので、親がセッティングの手伝いをしましょう!

我が家の場合は、食卓ですることが多いので、今日やる課題のページを広げておくと、自分で筆記用具を持ってきてするようになりました。

徐々に自分でセッティングできるように、片付けの場所も決めておくといいですね。

五、タイマーを目の前におく

低学年のうちは時間の感覚があまりないので、目の前にタイマーを置きましょう。

我が家の場合ですが、長女はとてもマイペースで、勉強の途中で空想しはじめたり、宿題ではない部分を読みふけったりして時間をつぶしてしまいます。

二年生になると宿題の量が多くなり、長女の学校では自主勉も毎日しなければいけません。

 

のんびり宿題をしていると、Z会をするどころか、ごはんやお風呂の時間もずれてしまい、寝るのも遅くなるという悪循環。

 

タイマーは、できるだけ大きな数字で、アラームがなるように設定しておくとよいでしょう。

おすすめはiPadの時計です。シンプルかつ大きいです。

「宿題を30分以内におわらせる」「Z会を10分間集中してやる」などと目標を決めてタイマーをセットすると、早くおわるようになりました。

六、親がそばにつく

勉強しているときは、できるかぎりそばについていることが大切です。「これわからない!」と言われたときに、すぐヘルプできるようにしておきます。

 

子どもの集中力はあまりもたないですし、気が散りやすいんです。しかも、親が「Z会やった?」と一言いうだけでキレられます。

子どもの集中力が続かない原因は、環境の問題もありますが、わからない問題があったとき、苦手な問題がでたときに集中力がとぎれやすい。これは大人でも同じ。

親も忙しいし、きょうだいがいるとなおさら難しいですが、このときばかりはしっかりと付き合ってあげましょう。

 

子どもも親に見守られている安心感を感じるし、親と一緒にできるということで勉強は楽しいと思えるようになります。

私の経験からも、忙しいからといって「ちょっと待って」を連発してたら、勉強途中でいつのまにかゲームがはじまっていたことがありました。「今教えようとしたのに、なんでゲームしてるの!」とついつい言ってしまいましたが、これって完全に親の都合です。

あるときパパがいるときに、勉強中ずっと長女のそばにいたことがあったのですが、勉強がおわったあとでも長女はニコニコで、お手伝いもしっかりしてくれました。

 

すらすらとはかどっているときは、親はとなりで本を読んだり、兄弟の相手をしていてもよいです。

 

子どもってほんとに親に影響されるんですよ。

Z会を1年間続けてみた感想(まとめ)

Z会は、私の感覚では、「親子で一緒に学ぶ」という意識が強いように感じました。

親が丸つけするし、けいけん学習では一緒に取り組まなければいけません。

 

もしかしたら、「こんなに親の負担が大きいのなら、うちではできないわ」と思う方も多いと思います。そのため、子どもだけでできるタブレット学習もたくさんあります。

しかし、子どもの本当の学力を伸ばしたいのなら、やっぱり親がそばについて学ぶのが大切。それに、子どもと一緒に学ぶのは楽しいです。

私が思う「本当の学力」は、自分で考えて自分で答えをさがし、理解でき、それを人に説明できる力。

Z会は、そんな力を伸ばしてくれる教材です。それは、文章や言葉でおうちの人に説明する課題があることからもわかります。

 

親子で楽しく学ぶ方法をサポートしてくれるZ会をやってみたい方は、お試し体験してみてはいかがでしょうか。お試しだけでも学力がつく魅力的な教材が届きます。

関連記事

Z会の通信教育といえば、難関大学や中学受験を考えている人を対象としている印象ですよね。私も高校時代にZ会を受講して、難しくて数回で挫折した記憶があります。   難しいという噂のZ会ですが、Z会の問題の質はかなりよいと評判では聞[…]

\『Z会』でレベルの高い学びを!/
資料請求はコチラ
\『Z会』でレベルの高い学びを!/
資料請求はコチラ