CDつき英語絵本じゃなくても大丈夫!グーグル翻訳で子供に読み聞かせしよう!

英語絵本はCDつきのものが多くありますが、値段が高いです。

CDなしだと、親が読み聞かせようにも、単語の発音がわからなかったり、間違った発音をしてないか不安になったりしますよね。

 
エーちゃん
親の声で読んであげたいけど正しい発音なのか不安だなぁ。
 
ビーちゃん
大丈夫!無料で発音をチェックできる便利なツールを紹介するよ!

そこで、大活躍するのがグーグル翻訳アプリ!

 

グーグル翻訳のすごさに今さらながら気づきました。

数年前と比べ物にならないくらい精度が向上しましたね。

 

そんなグーグル翻訳を活用した英語の勉強方法に注目してみました。

この記事では、

  • グーグル翻訳の活用方法
  • 音声なしの安い英語絵本

について書いています。

グーグル翻訳アプリをダウンロード

グーグル翻訳はブラウザでも利用できますが、英語絵本や洋書の朗読をしてもらうには、スマホのアプリを使うのが便利です。

 

「グーグル翻訳」という名前ですが、iPhoneでも使えます。Playストア、やAppストアで「グーグル翻訳」と検索すれば、簡単にダウンロードできます。

 

Google 翻訳

Google 翻訳
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

グーグル翻訳に読み聞かせしてもらう方法

グーグル翻訳の面白いところは、翻訳してほしい文章にカメラをかざすと、画面上に翻訳がででくるところです!

 

決して正しい文章とはいえませんが(笑)

 

そして、カメラのシャッターを押して、この文章を取り込みます。

 

「すべて選択」というボタンを押すか、訳してほしいところだけを指でなぞってハイライトすると、画面の上部に文章がでてくるので、タッチすれば下のような画面になります。

 

英文と日本語訳がでてきますね。 英文のところのマイクマークを押せば、音読してくれます。

 

なかなかよい感じで読んでくれますよ。 CDと違って感情はこもっていませんが、発音をチェックするには最高によい出来です。

 

もちろん日本語も読んでくれますが、日本語訳が微妙なのに加えて、朗読もなんかやる気がない感じに聞こえていまいちです(;^_^

グーグル翻訳の音声を録音する方法

ここまでくると、グーグル翻訳の音声を洋書1冊分録音して子供と楽しみたいと思いますよ

ね。そこで、外部サイトになりますが、音声をMP3で録音できる方法があります。

 

Sound of Text

 

こちらのサイトにアクセスして、英文をコピペすれば、音声を読んでくれますし、それをダウンロードすることもできます。

 

ただ、問題は、一度に100文字程度しか取り込めないことです。洋書1冊分を取り込もうと思うと、かなり地道な作業になりそうです・・・

グーグル翻訳で発音チェック

グーグル翻訳で英語を勉強する方法は、発音チェックをしてもらうことです。

 

洋書の英文を読んで、グーグル翻訳先生に判定してもらいます。 正しい発音で読めたら、正しい英文がでるはず!

 

ただ、英語→日本語翻訳で設定すると、読んだ後に微妙な日本語訳で音声を返してくれます。だから私は、英語→英語の設定にしています。(気にならない方はいいんですけどね)

 

これで練習して、ママの声で読み聞かせしてあげるのが一番かなーと思います。

ディズニー好きおすすめ絵本

この記事で使った絵本は「リトル・ゴールデン・ブックス(Little Golden Books)」というランダムハウス社(Random house)から発売」されている絵本です。

 

かなり古くからあり、種類も豊富でコレクターもいるほどの歴史があります。価格が安く、ディズニー作品もたくさんあって、かつ、英文も簡単で初心者でも読みやすいです。

 

女の子が好きな白雪姫などのプリンセス物語や、ズートピアといった最新の物語、DWEキッズにはおなじみの「魔法使いの弟子」などなど、ほんとにディズニー作品の洋書が豊富です!

 

アマゾンでも購入でき、キンドル版もあるので、子どもとの洋書多読に役立ちますよ。

 

この記事でグーグル先生の翻訳してもらった本は、リトル・ゴールデン・ブックシリーズの「Snow White」です。こちらの記事で詳しく紹介しています。

 

まとめ

グーグル翻訳は本当に便利です。

できるだけ安く英語学習をしたいなら、リトル・ゴールデンブックの中でお気に入りの洋書を購入するのが一番。

音声はグーグル翻訳をつかうとCDいらずです。

さらに、親の発音も磨けば、パパ、ママの声で英語絵本の読みきかせできますね!

大いに活用していきましょう。