折り紙の知育効果はすごい!折り紙で使える英語表現も使っちゃおう!

この記事では、おうち遊びの定番、折り紙の知育効果と、折り紙をつかって学ぶ英語表現をご紹介します。

子供とのおうち遊びを長時間するのは少し苦手という方は多いのではないでしょうか?私もその一人。

子供主体なので、大人からしたらつまらない遊びにもしつこく付き合わされるのがつらいんです。

幼稚園児くらいになると、手先が器用になり、折り紙ができるようになります。

折り紙は子供の成長にも役立つ遊びで、大人もやってみると夢中になることも。時間がたつのも早いですよ!

今回は、我が家が作った折り紙作品をご紹介するとともに、我が家なりの楽しみ方をお伝えします!

折り紙で身に付く力

折り紙は、子供の知育にとてもいいんです。具体的にあげてみましょう。

・想像力

想像力って大切なんです。小学校にあがると、文章題などがでてきますが、想像力がないと複雑な文章がなかなか理解できません。

・集中力

長男は小さい頃は落ち着きがなく、(今もですが)じっと座るのが苦手。しかし、おりがみにはまるようになってから、集中して物事に取り組めるようになりました。

・空間認知力

奥行きなどの立体感覚を身に付けられます。ボールをうまくキャッチできるのは、空間認知力があるから。空間認知力が弱いと事故にあいやすいかも。算数の問題を解くのにも必要です。

・思考力

折り紙の本をみて、「どうやったらこの形になるのだろう」と考えます。問題を解く力になります。

・コミュニケーション能力

親子や兄弟でワイワイ楽しく折り紙すれば、必ず会話があります。みんなで一つのものを作るときには特にコミュニケーション力がないとできないですよね。

折り紙で作品を作ろう

折り紙は、これから成長するための力をたくさん身につけることができます。しかも安価で、片付けも楽でいいことづくし!

そんな折り紙を使って、みんなで一つの作品を作るとさらに連帯感がうまれます。

我が家が最近作った作品はこちら。

使った本はこちら。

【中古】 CD‐ROM付き たのしいおりがみ動物園 セレクトBOOKS/主婦の友社【編】 【中古】afb

created by Rinker
¥657 (2019/06/25 22:19:23時点 楽天市場調べ-詳細)

折り紙の印刷パターンのデータがCDに入っているので、簡単にこんな素敵な作品ができるんです。折り線も入っているので作るのも簡単!

折り紙がまだ上手にできない子にも「プリンタから紙をとってきて」「線に合わせて切ってね」と役割を与えると、作品づくりに参加できた気分になりますね。

個人個人で好きなものを折るのもいいですが、みんなで一つの作品を作るのは楽しいですよ。子供たちも大満足!

我が家の2歳児は、まだ折り紙ができませんが、できた動物さんで遊んでます。

また、動物柄が入っている折り紙を買って作品をつくったり、自分で模様を描いてもいいですね。

ぜんぶちがうがらのちよがみ どうぶつ柄 (メール便可能)24柄24枚美術/工作/折り紙/おりがみ/トーヨー/ラッピング用紙/千代紙/夏休み工作キット

created by Rinker
¥214 (2019/06/25 22:19:23時点 楽天市場調べ-詳細)

おすすめの折り紙本

折り紙の本はいろいろとあります。昔からある折り方に加えて、ちょっと変わったものなど、みているだけで楽しい本がたくさん!

女の子におすすめ

ディズニープリンセス折り紙 かんたんに折れてかわいくできる (レディブティックシリーズ) [ 西田良子 ]

created by Rinker
¥1,300 (2019/06/25 23:15:48時点 楽天市場調べ-詳細)

プリンセスの折り紙は、とてもかわいくて夢中になります。お手紙を書くのが好きな女の子なら、封筒に入れるとお友達に喜ばれますよ。

男の子におすすめ

キッズおり紙ヒコーキ滞空型 長くよく飛ぶ20機 [ 戸田拓夫 ]

created by Rinker
¥1,512 (2019/06/25 02:43:12時点 楽天市場調べ-詳細)

男の子は紙飛行機が大好き!いかに遠くまで飛ばすかを試行錯誤した思い出はありませんか?うまくできたときに遊べるのもいいですね。

番外編?

オリロボバトルロイヤル 切らずに1枚で折るオリガミロボット [ フチモトムネジ ]

created by Rinker
¥1,728 (2019/06/25 02:43:12時点 楽天市場調べ-詳細)

なんと、折り紙で作るロボット、オリロボです!かなり難しいですが、完成したときの達成感はひとしおです。腕に自信のある人は挑戦してみてください。

折り紙でつかえる英語表現

折り紙は親子のコミュニケーションの場。英語で会話すれば、英語力もあがって一石二鳥ですね!

折り紙は英語でも「origami」です。

まずは色を選びましょう。何色がいい?

「What color do you want?」

何を作る?

「What do you want to make?」

始めは裏向き?表向き?

Start white side (color side)up.

裏返してね。

Turn it over.

こうやって折り目をつけよう。

Make a crease, like this.

こうやって折ってね。

Fold, like this.

ちなみに、「like this」はとっても便利な表現で、見せながら説明するときに使います。どう説明したらいいかわからないときにも使えますね!

他にも折り紙で使う単語をリストアップしておきます。

unfold 折ったものを開く
corner
line
vertical 垂直
diagonal 対角線
rotate 回転させる

これらの単語を使って、たとえば、このような英語表現で説明できます。

Fold the right side to the center. Then, unfold. There! You can make a crease.

「右端を真ん中に折ってから開いてね。ほら、折り目ができたよ。」

おわりに

折り紙は日本の伝統的な遊びですが、海外でも人気です。

もし、自分のお子さんが留学したら、折り紙を使ってコミュニケーションをはかれるようにしたいですね!(気の早い話ですが・・・)

折り紙は気軽に誰でも楽しめるもの。ぜひ親子ですてきな作品を作ってくださいね!

にほんブログ村 英語ブログへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする