【英語苦手な人の英語育児の始め方】子供と一緒に英語の歌を歌おう

今や小学生から教科化されるという話で、英語育児は注目されています。しかし、

「英語育児をしたいけど、親が英語が苦手だから無理。大きくなったら英会話教室に通わせればいいかな。」

と考えていませんか?

 

英語を音のままで理解できる赤ちゃんの時期を逃すのはもったいない!

 

赤ちゃんは言葉を覚えるとき、まずは耳から入ってくる音からはじまります。

リスニングからはいって、言葉を話すようになり、次第に正しい言葉を理解して話すようになります。

 

一方で、成長してから英語を学ぶと、脳が日本語を母国語と判断しているので、新たな領域の音が理解できにくくなります。

また、文字から入ってしまうので、どうしてもネイティブのような美しい発音を身につけることができなくなります。

 

できるだけ小さいころから英語を聞かせてあげましょう。

 
エーちゃん
でも英語苦手なんだけど
 
ビーちゃん
簡単な英語の歌を一緒に歌うといいよ!

この記事は、

  • 英語育児をしたいけど英語が苦手だからできない
  • 英語が苦手な人でも歌える歌を知りたい
  • 子供と一緒に自分も英語力をあげたい

という方に最適です。

英語の歌を子どもと歌おう

子どもがいる家庭は、ほぼ全員「おかあさんといっしょ」をみていることでしょう!

手遊びや季節の歌、ノリノリの子どもが大好きな歌がたくさん流れています。そして、親子共々あっという間に覚えて、子どもと一緒に歌ったり。

 

歌は言葉が覚えやすいし、子どもは歌が大好きです!

 

私も子どものころ歌っていた曲はたくさん覚えています。

日本語の歌は、日本語独特の美しいリズムが身につきます。

大人になった今になって、日本語の歌の美しさをかみしめることも。

 

英語の歌も同じように、歌で英語特有のリズムを覚えることができます。

 

私は小学生のころに英会話教室に通っていましたが、そこではたくさん英語の歌を覚えました。

ここで、おすすめの英語の歌を5曲あげてみます。すべて日本語でも歌われているものなので、覚えやすいですよ!

ABC Song

だれもが知っている「ABCの歌」ですね!「A,B,C,D,E,F,G,…」と、アルファベットを覚えるのに最適なお歌です。「きらきら星」のリズムにのって歌う簡単な曲です。

 

最後の部分がいろいろな歌詞があるのですが、

Now I know my ABCs
next time won’t you sing with me?

というのが多いようですね!

Twinkle Twinkle Little Star

日本では「きらきら星」の名前でよく知られています。

Twinkle, twinkle, little star,
How I wonder what you are!
Up above the world so high,
Like a diamond in the sky.

この「little star」の発音が、日本人には意外と難しいんです。でも、歌で歌えばすぐにマスターできますよ。

 

ちなみに、カタカナで表すと、「リトル・スター」ではなく、「リール(ス)ター」のように聞こえます、「ス」は息だけしか聞こえません。

Bingo Song

日本語では、「子犬のビンゴ」という歌で、「ビンゴ、ビンゴ、知ってるかい?子犬の名前はビンゴ」という歌詞です。

 

同じ歌を繰り返し歌い、そのたびにB-I-N-G-Oのアルファベットが一つずつ手拍子になります。リズムが楽しい歌ですね!

There was a farmer had a dog
and Bingo was his name-o
B-I-N-G-O B-I-N-G-O B-I-N-G-O
And Bingo was his name-o

 

英語で歌うとけっこうスピードが速く感じて、慣れてないとついていけませんが、歌詞は簡単。

リズムの強弱が日本語にはない英語の強弱をあらわします。

特に、「a」、「and」、「his」は軽く発音されるので、実際の英会話の聞き取りでも役立ちます。

Old MacDonald Had a Farm

日本語では、「ゆかいな牧場」という題で「いちろうさんの牧場で、イーアイ・イーアイ・オー」という歌詞が有名です。

 

マクドナルドおじさんの牧場の動物たちが順番にでてきて、動物が好きな子どもにうけます!動物の英語名と英語の鳴き方も覚えられます。

Old MacDonald had a farm, E-I-E-I-O
And on this farm he had a duck E-I-E-I-O

With a quack-quack here, quack-quack there,
Here a quack, there a quack, everywhere a quack-quack;
Old MacDonald had a farm, E-I-E-I-O

これは1番で、「duck」(あひる)が「quack-quack」と鳴くのがわかりますね。

 

この歌もまた、英語のリズムに慣れていないと舌がもつれそうになります。この歌がスラスラ歌えるようになると、英語の発音も上達しますよ!

 

CDつき絵本を活用すると楽しめますよ。

If your happy and you know it

日本語では、「しあわせなら手をたたこう」でだれもが知っている曲です。手をたたいたり(clap your hand)、足ぶみしたり(stomp your feet)は同じです。

 

If you’re happy and you know it, clap your hands
If you’re happy and you know it, clap your hands
If you’re happy and you know it, then your face will surely show it
If you’re happy and you know it, clap your hands

3列目は英語と日本語でリズムが違うため、メロディも少し異なります。また、「shout “Hurray!”」は英語圏ならではって感じで楽しいですね!

 

他にも、日本の歌同様にいろんなアレンジができます。

 

これらの歌やYouTubeでも聞けますが、子どもと動画をみていると他の動画にうつってしまって最終的に英語の歌とは関係のない内容をみてしまうこともあります。CDをひとつもっておくと、音楽だけを純粋に楽しむことができるのでおすすめです。

英語絵本でリズム感を楽しもう

英語絵本の中には、CDつきで安く買えるものがたくさんあります。英語の歌を絵本にしたようなものは、比較的お安いです。

 

たとえば、さきほど紹介した「Old MacDonald Had a Farm」は、しかけ絵本があって、目でも楽しむことができます。より理解力があがりますね!

もっと英語の歌を歌いたい!という場合は、 脳科学者・茂木健一郎さん推薦の「頭のいい子が育つ、 英語のうた45選」というCDつきの本があります。

 

童謡だけでなく、 アニーの「トゥモロー」やサウンド・オブ・ミュージックの「私のお気に入り」など、親しみやすいミュージカルソングも入っていて、大人でも「英語で歌ってみたい!」という曲満載です!

関連記事

子どもが小さいうちに英語に触れた方がいいと聞いたことがありませんか? 英語は将来かならず必要になるといわれていますよね。小学生からの英語必修化も進んでいます。   できれば子どもには英語で苦労させたくない。だからできるだけ早[…]

リズムに慣れてから意味を調べてみよう

英語の歌は、慣れていないと何をいっているのかさっぱりですよね。

でも、はじめはわからなくても大丈夫です。

 

あなたも子どものころ、意味がわからずにアニメの歌など歌っていませんでしたか?大人になってから「あ、こういう意味だったんだ!」とわかった経験ありませんか?

 

子どもはまだ文字を知らないので、純粋に聞こえたままを覚えます。

そのため英語の発音も吸収しやすくなります。

 

もし、大人が歌を聞く前に英文をみて歌ってしまうと、日本語英語でインプットされてしまいます。それでも英語の発音を吸収することは可能ですが、ちょっと遠回りになってしまいます。

 

だから、まずは歌だけを純粋に楽しんでみてください。子どもと一緒に音をまねて楽しみながら英語のリズムを身につけましょう!

 

そのあとに、歌詞をみながら歌を歌ってみます。「こんなふうに歌ってたのか!」と発見すると思います。耳から聞いた音と英文の違いがわかることが、リスニング力アップの第一歩!

 

その後、わからない単語があれば調べてみましょう!さらに理解力が増し、歌うのが楽しくなりますよ!

英語の歌で親子で英語力アップする方法

英語の歌でリスニング力をあげるには、以下の順で取り組んでみましょう。

  1. 子ども用の英語の歌を何度も聞く&歌う(歌詞をみない)
  2. 英語の歌の歌詞をみながら歌う
  3. 歌詞の中でわからない単語を調べる
  4. 覚えるまで何度も歌う

英語の歌の歌詞を理解して歌えるようになれば、あとは何度も歌って体に覚えさせましょう!

歌に使われている表現が実際の会話の場面ででてくると、意識しなくてもスラっと口からでてきます。

 

英語のリズムが早くて発音できない場合は、強弱を意識してみてください。

 

特に冠詞は弱く発音されるので、すべてを確実に発音しようとすると、リズムに間に合いません。

 

楽しく歌えるようになると、英語育児が楽しくなってきますよ!

 

DWE(ディズニーの英語システム)は、英語の歌を覚えることで美しい英語の発音を身につけることができるようなプログラムがあります。こちらの記事も参考にしてくださいね。

関連記事

突然ですが、シングアロング教材、活用していますか? 高価なディズニー英語教材を購入したのに、シングアロングを有効活用しないと、価値は半減です。 その理由は、シングアロングをマスターすれば、ディズニー英語システムを卒業できるから。[…]

\『ヒアリングマラソン』で英語力を爆上げしよう!/
申し込みはコチラ
\『ヒアリングマラソン』で英語力を爆上げ!/
申し込みはコチラ