【シャドテンを1ヶ月試してみた結果】リスニング力アップ以上の効果あり!

  • TOEIC800点台から900点台にあがらない
  • 知っている単語は聞けるけど、全体の意味が入ってこない
  • シャドーイングをやっているけど全然効果を感じない

このような人には、シャドテンが向いています。

実は私もまったく上記と同じ状況でした。

「英会話でそこそこ話せるようになったし、楽しいからまぁいっか」

と思っていたのですが、ネイティブと話したときに会話ができなさすぎてショック・・・

思い返せば、TOEIC900点台をとるぞ!と頑張って学習していたものの、逆に点数が下がってモチベが下がり、あきらめていたのでした。

実は、英会話ができない原因は、聞き取れていないことが原因!

リスニングができない理由は以下の3つ。

  1. 読まれるスピードで英文理解が追いつかない
  2. 聞き取れるが意味がわからない
  3. 書かれた英文と発音が一致しない

詳しくはこちら⇒確実に英語のリスニング力をアップさせる正しい勉強法!

シャドウイングでは、「③書かれた英文と発音が一致しない」問題を解決してくれます。

素材によっては①と②も補えるよ!

シャドーイングやってるけど、全然リスニング力が上がらないんだよね・・・

それはやり方が間違ってる可能性大!

シャドーイングをやっても効果がないという方は、シャドーイング専門スクール『シャドテン』を一度受講してみることをおすすめします。

私も1ヶ月受講しただけで、劇的にリスニング力が上がりましたよ!(効果には個人差があります)

\一週間無料でリスニング力アップ!/

自己流シャドーイングが上達しない理由

シャドーイングはリスニング力をあげる王道の勉強法ですが、初心者には難しく、効果がないこともあります。

以下のようなシャドーイングのやり方をやっていませんか?

  • 洋画のセリフを使っている
  • 2~3回やって次の教材にうつる
  • 自分の声を録音したことがない

シャドーイングは、間違ったやり方でもやらないよりはやった方がましですが、やり方によっては効果を感じるまでにかなり長い期間がかかります。

正しい方法でやっても効果を実感するのに半年くらいかかると言われているよ!効率的な学習法を身につけた方が得だね!

なぜこのやり方では効果ができないのか、解説します。

素材選びが間違っている

シャドーイング素材選びの大原則は、スクリプトと音声の両方があるものです。

さらに、自分のレベルに合わせて行う必要があります。

しかし、自分がどのレベルなのかを判断するのが難しいですよね。

聞き取れるスピードを確認する

素材によって、英語が話されるスピードが異なり「wpm」という単位で表されます。

※wpmとは、1分あたり何語で話されるか、を表しています。

TOEICのリスニング問題は、だいたいwpm150くらい。ネイティブの早口の人はwpm200くらいです。

シャドーイングに適した素材は、自分が理解できるスピードより少し難易度の高いものを選ぶのがコツです。

洋画のセリフは早口だったり、スラングが多かったりで、初心者には不向きです。

でも、自分がどのレベルなのかってわからないな・・・とりあえずやってみたけど、全然できないし、やーめた!

シャドーイングのやり方が甘い

シャドーイングは、とりあえず聞こえてきた音を真似したらいいと思っていませんか?

2~3回やって、なんとなく聞こえるようになってきた、次の教材へ・・・

というやり方では、英語の音を正確に理解できていないかもしれません。

シャドーイングの手順

1.音声のみを聴いて話の流れを理解する(1、2回)

2.スクリプトを見ながら音声と同時に音読する(1回)

3.精読して英文の意味を理解する

4.スクリプトを見ながらシャドーイングする(数回)

5. スクリプトを見ずにシャドーイングする(できるようになるまで)

上記の4と5を繰り返しながら音声を完全にコピーできるようになるまで繰り返します。

1分程度の素材で、1日30分~1時間、3~4日が目安

そんなにするの??知らなかった・・・

素材音声と自分の発音との違いがわからない

シャドーイングの音声を録音するのは必須です。

実際に録音してみると、自分の発音の悪さにガッカリするかもしれませんが、改善するためには我慢しましょう。

しかし、録音してネイティブの音声と聞いてみても、「なんか違うけど、どこを改善したらいいかわらからない」ということがありませんか?

なんか違うの。どれだけ練習しても、全然近づかない・・・

ネイティブと自分の発音を近づけるためには、ある程度の発音知識が必要です。

さらに、聴いて違いがわかるようになるには、相当の訓練が必要なので、自分だけの力では難しいかもしれません。

一度プロの力をかりると、一気に上達する部分!

私はどうしてもリスニング力をあげて、洋画を音声のまま、スクリプトをみずに映像もじっくり楽しみたいという願望のため、シャドテンというシャドーイング専門のコーチングスクールに自腹で申し込んだのでした。

結果的に、ほんとにやってよかった!

\一週間無料でリスニング力アップ!/

シャドテンをやってみた感想

シャドテンに申し込んだきっかけは、シャドテン無料セミナーを受講して、プレゼンターの方の発音がめちゃくちゃ素晴らしかったから。

実際に自分でシャドーイングをして録音してみたものと比べて雲泥の差です。。。

「シャドテンを受講したらこの方のように美しい発音で話せるのかしら」

「リスニング力をあげて海外ドラマを見る効率をあげたい」

ただ、正直、月額が高すぎる!

ということで、7日間無料体験だけでもやってみよう、という軽い気持ちで申し込んだのでした。

結果的に、1週間じゃ物足りなくて月額払って申し込んだよ!

初回はレベルチェックとチュートリアル

シャドテンの利点は、自分のレベルにあった教材を選べること。

初回はアプリ内でレベルチェックチュートリアルで正しいシャドーイングのやり方を学びます。

私のレベルは「高校入試レベル」のWPM100~130でした。

どの素材を選ぶべきかのアドバイスも書かれているので、始めやすいですね。

シャドテン学習の流れ

必要なものは、スマホとイヤホンのみ!

シャドテンは、すべてスマホで完結するサービス。

シャドテンアプリで学習し、ラインでサポートしてくれます。

学習時間を登録しておくと、その時間にポップアップメッセージが届きます。

毎日決まった時間にお知らせしてくれるから、「やらなきゃ」という気になるよ。

  1. アプリ起動
  2. 登録教材でシャドーイング
  3. シャドーイング音声を録音
  4. 前回訂正された部分がなおっているか確認(初回は不要)
  5. 満足のいく録音ができたら提出
  6. 24時間以内に添削が届く

実際は、添削が届くのは数時間以内。日によっては1時間以内でかえってくることもあります。

シャドテンでは「1日30分の学習」と言われていますが、実際には30分の練習で提出できるほどのクオリティにならず、トータル2時間以上練習することもありました。

隙間時間でやっているので、気づいたら2時間はやってるな、という感じです。

おかげでリスニング力が劇的にアップ!いつも聞いてるポッドキャストが驚くほどクリアに聴けるようになったよ!!

シャドテンやってよかったところ

シャドテンアプリはシャドーイングに特化されていて、音声速度の変更、AB間再生など、シャドーイングに便利な機能がついています。

とにかくシャドーイングするのに便利すぎて、いつでもどこでもシャドーイングしたくなるくらい!

子供の習い事の待ち時間や、仕事の休憩時間にも気軽にできる!

私が1ヶ月試して感じたシャドテンのよいところは以下のとおり。

  • アプリの使い勝手がよく、シャドーイングしやすい
  • 録音が手軽で、自分の声を確認しやすい
  • 添削の質が高く、自分の改善点を確認できる
  • シャドーイングの悩みを動画やラインで解決できる

効果がでるためには継続が必要。

取り組みやすさ、という点では素晴らしい!

シャドテンのいまいちなところ

少し続けにくいな、と思ったところは、圧倒的に月額料金の高さ。

私は仕事をしているのでなんとか捻出できますが、専業主婦(夫)だと家族にお願いするにはかなりのプレゼン力が必要です・・・

費用対効果は高く、その他のコーチングサービスや通学型の英会話スクールと比べると断然安いですが、続けるとなると金額は気になりますよね。

それを含めて、私が感じたいまいちな点は以下のとおり。

  • 月額料金が21,780円(税込)と費用が高い
  • シャドーイング素材が私には合わない

素材はTOEICリスニング問題もありますが、インタビュー音声は私にとって興味の惹かれるものが少なかったです。

ビジネス、社会問題など内容がやや堅め。

幅広い分野の内容を聞き取れるようになれますが、何度も練習するなら好きな素材を使いたいですよね。

【追記】

本田圭介さんのインタビュー素材が追加されました!

本人の声ではないですが、ネイティブアナウンサーの声なので、初心者に取り組みやすくなっています。

シャドテン月額と概要

シャドテンの月額は一律21,780円(税込み)

この中に、含まれているものは

  • アプリ利用
  • ラインでなんどでも無料相談
  • 1日1回の音声添削

個人的には、ラインでの相談は助かりました。

シャドーイングの練習を何度やってもできない、素材の選び方で悩んでいる、など、些細なことでも相談にのってくれました。

申し込み方法

シャドテンの申し込みの流れは以下のとおり。

  1. 公式サイト『7日間無料体験をする』をクリック
  2. メールアドレス、名前を入力
  3. クレジットカード情報入力
  4. シャドテンラインアカウントを登録

注意点! 

申し込み前にクレジットカード情報を入力する必要があるので、無料体験が終わると自動的に有料会員になり引き落とされます。

解約方法

シャドテン公式ページをずっと下へスクロールすると以下のような画面になります。

こちらはPC画面ですが、スマホからでも表記は少し異なりますが、同じように「解約はこちらから」とあります。

  • シャドテン公式アプリの『解約はこちら』をクリック
  • アンケートに回答後、『解約する』をクリック

解約後は1日後までアプリが利用できますが、その後はアクセスすることができません。

これまで学習したことを記録しておきたい方は、ボイスレコーダーなどで録音したり、添削内容をメモかスクショするなどしておきましょう。

シャドテンをおすすめする人

  • これまで何をやってもリスニング力があがらなかった
  • TOEICや英検などのリスニング得点をあげたい
  • 洋画や海外ドラマをスクリプトなしで楽しみたい

上記にあてはまる人はシャドテンをおすすめします。

特に、「これまで何をやってもリスニング力があがらなかった」方は、シャドテンが救世主になります。

ほんと、私いままで何を頑張ってきたんだろう、って気になったよ・・・

\一週間無料でリスニング力アップ!/

シャドテンをおすすめしない人

  • 英会話力を鍛えたい
  • 発音をよくしたい
  • 語彙力を高めたい

上記にあてはまる方は、別の勉強法をおすすめします。

シャドーイングは純粋にリスニング力を高めるためのトレーニングです。

一定の効果はありますが、月額21,780円使うのなら、別の教材にしましょう。

シャドテンを辞めた後は?

シャドテンは、3ヶ月の利用をお勧めしているので、「3ヶ月はリスニング力アップにコミットするぞ!」という方は月額以上の効果を発揮できます。

私は引っ越しやら新学期の忙しさやらで1ヶ月で辞めざるを得なかったのですが、1ヶ月でもシャドーイングのやり方を学んだことで自己学習できる力を身につけました。

シャドテンを辞めて困るのは、素材選びと録音機器の準備。

ネット上でTEDなど無料でおすすめの素材はありますが、再生、巻き戻しを繰り返し行うのは少し手間がかかります。

そこで、私のおすすめはアルクの「English Journal(イングリッシュジャーナル)」です。

  • ニュース、スモールトーク、著名人のインタビューなど素材が多様
  • アルクのアプリでスクリプトを見ながら音声を聴くことができる
  • 音声速度調整やAB再生機能もある
  • 長いインタビューも数十秒~3分くらいでチャプターが区切られている

シャドテンアプリと同等の機能があっておすすめ!!

English Journal を買うなら、Fujisanで定期購読するのが一番安いです。

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

イングリッシュジャーナルは、アルクのヒアリングマラソンにもついています。

参考⇒ヒアリングマラソンを体験した感想!評判どおりの効果はあるのか

録音機器は、再生用のスマホと別で使う方が効率がよいです。

私はPCの録音機能を使っていますが、少し面倒なので録音することが減りました。

その意味では、シャドテンアプリは最高でしたね。

まとめ~リスニングは早めに対策すべき~

リスニング力を上げるためには、ある程度の期間が必要です。

リスニング力が足りないために、英会話で講師との会話が成り立たない、TOEICの点数があがらない、ということはよくありますよね。

講師が何いってるのかわからないし、何度も聞き返すのも失礼だし、適当にあいづち打って終わらせること、あるある~^^;

言語を学ぶプロセスの最初が「耳から」のはずなのですが、大人になってしまったら耳から聞きなれない音を判別するのが難しくなるんです。

しかし、リスニング力を鍛えれば、本来の言語学習のスタートに立てるのと同時に、これまで学習してきたことも理解スピードがあがりますよ。

リスニング力あがれば家事しながらでもインプットがはかどる~!

まずはリスニング!早めに対策しておきましょう。

\一週間無料でリスニング力アップ!/