【DWEが大幅リニューアル!】新旧の違いは?現DWEユーザーはどうなる?

ディズニー英語システム(DWE)は、子供が流暢な英語を話すコマーシャルでも有名。

バイリンガル育児のパートナーとでもいうべき完璧な教材です。

※大幅リニューアルにともなって、ディズニーの英語システムからディズニー英語システムに名称変更しています。

 

我が家も長女が赤ちゃんのときからのユーザーで、この記事を書いた時点で小学3年生なので、9年お世話になってます。

のりりーな
おかげで長女はペラペラとまではいかないものの、読み書きもリスニングも簡単なものならできますよ!
関連記事

長女が0歳の2010年にディズニー英語システム(DWE)をはじめて、ユーザー歴9年目になります。 現在の状況をお伝えすると、 長女(9歳)はライムキャップ挑戦中 長男(5歳)はグリーンキャップ挑戦中 次男3歳はライトブルー[…]

 

ただ、DWEの難点は、古くさい映像。9年の間に1回だけ映像がかわりましたが、このデジタル全盛期に乗り遅れてるんじゃないかと不安に思うこともしばしば(笑)

それでもなんとか卒業までは、と思っていましたが、なんと、ディズニー英語システムが大幅リニューアルするとのこと!

「実は大したことないんじゃないか」と思いつつ、一体どこがかわるのかをまとめてみました。

 

この記事では

  • ディズニー英語システムの新旧の違い
  • 旧会員はどうなるのか

    について述べています。

    DWEリニューアルで映像がきれいに!

    あの古くさい映像(笑)が、きれいになります。DVDからブルーレイになるのがポイント!

    全12巻のストレートプレイ、ステップ・バイ・ステップ、全4巻のシングアロング、全3巻のプレイアロングまで、すべてブルーレイになります。

    のりりーな
    DVDとブルーレイの違いはかなりのもの!

    プレイアロング映像が衝撃のリニューアル

    なによりプレイアロングの変化が大きいですね。

    プレイアロングの違い

    • ふるーい感じの映像が新しいくなる
    • 絵本が3冊追加される
    • フロッギーとバニーがかわいくなる
    • おもちゃは微妙に色がかわる

      個人的にはフロッギーのキモかわいさがなくなってさみしいです。

       

      ブルーレイになるってことは、手持ちのポータブルDVDプレーヤーが使えないってことですね・・・ブルーレイレコーダーを追加で購入する必要があります。

       

      新しいディズニー映像が追加!

      ストレートプレイやステップバイステップの中に、ディズニーアニメの映像をみながら学習する場面かあるのですが、そこに新しいアニメが追加されました。

       

      「アナと雪の女王」や「ベイマックス」、「塔の上のラプンツェル」など、子供が大好きなディズニーアニメの映像が増えました。DWEリニューアルアニメ

      ※公式サイトより引用

       

      アナ雪ファンの娘はテンションがあがっております。

      DWEリニューアルで音声学習が手軽に!

      DWEの使い勝手の悪さに、CDを流さないと音声が聴けないこと。

      私は面倒なのですべてiPodに音楽を入れていましたが、それでも面倒でブックはあまり活用していませんでした。

      のりりーな
      DVDがメインだったねー。

       

      ペンを絵本にタッチして音声を聴くことができる

      これまでステップバイステップの仕上げのときにしか活躍しなかった「ライト・ライト・ペン」

      ミッキーデザインの凝った作りのわりに、登場回数が少ないものでした。

       

      リニューアルで、「ライト・ライト・ペン」でブックをタッチすると音声が流れるようになりました!ようやくDWEもここまで追いついたか!という感じです。

      DWEリニューアルテキスト

      ※公式サイトより引用

      ペンでタッチしたら音声が流れる本なんてかなり前からでてたし、Z会の英語専科もはじめからタッチペン仕様ですよ。遅くないかい?

      という突っ込みは置いといて、ユーザーにとってはもっともうれしい変化ではないでしょうか。

       

      さらにうれしいことに、ポスターも「ライト・ライト・ペン」に対応しています。

      トークアロングカードが両面録音できるように!

      トークアロングカードは、裏面はキャップ応募のために録音して使いますが、録音できない表面は使用頻度が少なかったです。

      子どもは表面の方が好きなんですけど、そのときに限ってちゃんと発音してくれたり。「こっちは録音できないよ」と何度口にしたことか。

      DWEリニューアルトークアロングカード

      ※公式サイトより引用

      表面も録音できるようになって、さらに活躍の場が広がりますね!

       

      ただ、膨大なカード枚数はかわらず、そこもタッチペン対応かアプリ対応にしてほしかったな、というのが正直な感想。

      DWEリニューアルで値段が上がる?会員保証は?

      公式サイトによると、お値段は10%ほど上昇するそうです

      当時60万ほどで買ったミッキーパッケージなら、66万円くらいになるということ。(2019年4月現在)

       

      教材が充実しているので、多少の値上がりは仕方がないか??

       

      我が家は9年ほどワールドファミリークラブ会員を続けていまして、毎月の会費もずっと払い続けています。バージョンアップしたいとなると、どれだけの出費になるのかわかりませんが、考慮してほしいですね。

       

      詳しくは2019年の秋にわかるそうです!!

      DWEリニューアルの金額がわかりました↓

      関連記事

      ディズニー英語システムがリニューアルして数ヶ月が経ちました。 新しく購入した方は、完全にリニューアル後の教材なのですが、我が家のように古くから利用している身にとってはうらやましい限りです。   しかし、ワールドフ[…]

       

      ディズニー英語システムのよい点は、教材が壊れたり破れたりしても交換してくれるところですよね。

       

      保証制度については公式ホームページにも書かれていますが、最低でも10年は保証してくれるみたいです

      安心してください。

       

      おわりに

      我が家はまだまだディズニー英語システムの会員を続けるつもりです。

      一番下の子がまだ2歳なので、その子が卒業するまでは続けるでしょうね。(卒業できるかどうかはわかりませんが。)

       

      今の教材でもリニューアル後の新教材でも学習効果はかわらないとのこと。

       

      これから購入するかたはお得です。ブルーレイがみれるプレーヤーが購入特典でついてくるという話も。

      私のような旧会員からしたらうらやましい限りです。

      関連記事

      ディズニー英語システム(以下DWE)は教材だけでも高額ですが、卒業するには教材費以外のお金も必要なんです。   DWEの教材は60万から100万近くの金額がかかります!   ちなみに我が家はミッキ[…]