【TOEIC】目標スコアをとるために必要な勉強時間は?

TOEIC500点台の人が800点台を狙うには、何か月勉強したらいいか?就職などで求められたスコアをとるために勉強をはじめた人は、特に気になるところですね。

出産して仕事をやめ、「さて、再就職するぞ!」と思ったころには、年齢的に資格なしで再就職するのが難しくなることもあります。その一つの選択肢として、英語の資格、特にTOEICを800点以上もっておくことはアピールになります。

子育てしながら英語の勉強時間を確保するのはなかなか難しいですが、学習スケジュールをたてておくことで、目標に向けて確実に近づくことができます。

そのために、TOEICで自分が目標としている点数を得るために必要な時間を知っておくといいでしょう。そこで、具体的に何時間勉強したらいいか、どのように学習を進めていけばいいのかを、この記事でお伝えします。

TOEICの勉強に励んでいる方は、モチベーションを保つために、勉強時間を計ってみるといいでしょう。

必要な勉強時間はズバリ〇〇時間

TOEICの勉強時間をスコアごとに表であらわされている三枝氏の表が有名です。

※Prediction of English proficiency progress. 1985=Saegusa 1985 より引用

たとえば、

TOEIC550点の人が850点をとるために必要な勉強時間は725時間です!

一日2時間勉強すると、362.5日、およそ1年かかる計算になります。

私はこの記事を書いた時点でTOEICスコア820点です。900点以上をめざして勉強しているので、おおまかですが、「850点を950点にあげる」ことにします。

そうすると、勉強時間は325時間!1日2時間勉強するとすれば、162.5日、およそ半年かかることになります。

750点から850点まで100点あげるとすると、275時間です。現在のスコアが高いほど、あげるのに勉強時間がかかることがわかります。

TOEICの学習スケジュールを立てよう

上述のように、おおまかな勉強時間がわかったら、勉強スケジュールをたてましょう。

ここでは、TOEIC550点の人が850点をめざす場合のスケジュールを例にとってみましょう。

必要な勉強時間は725時間ですが、いつまでに達成したいかを考えます。しかし、必要な勉強時間から考えて、無理のある計画は立ててはいけません。まずは、一日に最大何時間TOEICの勉強に費やせるかを考えてみましょう。

できれば、TOEIC本番と同じ長さの2時間をまとめてとるのが理想ですが、仕事や家事、育児をしていると、難しいですよね。

隙間時間もいれて、細切れでもいいのでとれる時間を計測してみましょう。

たとえば、子供の昼寝中、煮物を煮ている間、子供が宿題をしている間などが考えられますね。なかなか時間がとれないと思ったら、朝早く起きる、など、自分で時間を工夫して作る努力が必要です。

もし、1年後に850点とりたいのなら、一日2時間の勉強時間を継続して必ずとらなければいけません。旅行などの予定があれば、その日はできないので、別の日にプラス2時間×日数分を割り当てる必要があります。

そのために、スケジュールを立てるときには、1週間単位で決め、予備日として1日空白の日を作っておきます。

たとえば、一日2時間勉強するなら、1週間で14時間ですが、6日間で14時間とすると、だいたい一日2.3時間になります。中途半端なので、2.5時間(2時間30分)勉強するのを目標にしておきます。このようにして、毎日、勉強時間を確保することを意識しましょう。

TOEIC学習スケジュールの立て方

  1. 目標スコアまで何時間必要かを調べる(前項目の表より)/li>
  2. 一日に最大何時間を勉強時間に費やせるか考える
  3. 予備日を決める(1~2日)
  4. いつ達成したいかを決める
  5. 週間に必要な勉強時間を決める
  6. 一日に必要な勉強時間を決める

より効率よく点数をあげるには

TOEICスコアをあげるためには、勉強時間だけ増やせばいいというわけではありません。また、勉強机に座っている時間を勉強時間と考えていてはいけません。実際にTOEICの勉強に費やした時間です。

(TOEICの勉強をしていても、ラインの返事を返したり、かかってきた電話にとったり、ツイッターを眺める時間は、当然勉強時間に含まれません!)

たとえTOEICスコアを550点から850点まであげるのに725時間かかると言われていても、実際にはより短時間で達成できる人もいますし、もっと時間がかかる人もいます。

できれば短時間で成果をあげたいですよね。

そこで、できるだけ効率よく成果をあげるために、私がおすすめするのが「スタディサプリ」です。

私は実際にスタディサプリを利用して、およそ2ヵ月で735点から820点まであげることができました。

スタディサプリは、有名な英語講師の関先生の動画授業が受けられるのが魅力で、大変わかりやすく効率的に身につけられるのを実感します。

また、やみくもにTOEICの問題を解きまくるだけでは高得点は狙えません。スタディサプリでは、TOEICの勉強方法まで身につきますので、一度利用すれば、TOEICだけでなく、各種英語関連の試験にも応用できる力が身につきます!

なによりも、隙間時間を有効活用できるのがおすすめです。

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

それでもなかなか独学ではモチベーションが保てないという方は、少し高くなりますが、パーソナルプランをおすすめします。より効率的にスコアアップが狙えますよ。

スタディサプリENGLISH パーソナルコーチプラン

スタディサプリに関する記事も書いていますので、詳しくはこちらを参考にしてください。

スタディサプリをつかってTOEIC820点を得るまで英語力が上がった経験をいかして、子育て中の方に特におすすめする理由を書いています。

おわりに

TOEICで高得点をとるには、それなりの勉強時間が必要です。「〇〇時間でTOEIC900点がとれる!」といううたい文句には要注意だということがわかります。

英語学習は地道で継続的な努力が必要です。しかし、一度身についた勉強習慣はこれからの学習にプラスになること間違いなし!

たとえ目標に届かなかったとしても、正しい勉強法とある程度の時間をかければ、必ず上達します。頑張りましょう!

にほんブログ村 英語ブログへ